定年後の仕事と生きがい探し

定年後の仕事探し情報について

日本人の平均寿命が延びるにつれて、定年退職の時期も延長されることが予想される現在。自己管理能力,将来設計をする必要が一段と高まってきました。特にマネープランを失敗すると、幸せな老後の生活が一気に崩れてしまいます!

 

突然やってくる体力の衰え,家族の病気にみなさんはしっかりと備えていますか?ここでは体力が落ちる60歳以上の人でもできる仕事を紹介するとともに、老後の幸せな生き方などを丁寧に解説していきます。

 

年金の仕組みや老後に必要な貯蓄額などを知り、すでに定年を迎えた人も、これから定年後の生活に突入する人も、そして再雇用や再就職を考えている人もぜひ当サイトで学んだ知識を活かして新しい生活にチャレンジしてみてください。

 

定年後にもう一度仕事?と思うかもしれませんが、実は若者になくて、年齢を重ねれば重ねた分だけ有利になる仕事というのは沢山あるのです!それは「人生経験」を活かした仕事であり、長い視点で世の中を眺め、判断する能力です。

 

 

自分に持っているスキルを活かし、快適な生活を送るために、ちょっとだけ行動してみまんせんか?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

参考:ネットだけで年収1000万稼ぐ方法まとめサイト

 

個人でネットビジネスの副業講義をやっています。人気の記事はこちらにまとめました!

 


定年後に今までのスキルを活かして、若者向けのアドバイザー、コンサル業のようなものを考えている人におすすめなのがクラウドソーシングを使った、ソーシャルサービス業

 

今回注目したのはビザスクというサービス。自分のスキルに合わせて登録制ておけば、依頼者からの問い合わせが来て、マッチングされるというもの。

 

ビザスク,口コミ,評判

 

主な相談内容は企業前の注意点。業界の動向。新規企画の調査に関するアドバイス、キャリアチェンジについてなど、企業の枠を超えて本音で退職者にビジネスの相談をしたいという人が増えている証拠。

 

海外現地調査への依頼、マーケティングなど現場の人に声を聴きたいというニーズから登場した。

 

【 主な業種 】

 

 

ヘルスケア機械/電気製品/素材食品日用品メディア/広告コンテンツ制作/配信小売レジャー/飲食生活関連サービス教育/学習支援人材業務支援サービスIT/SIer不動産/建設金融エネルギー/インフラ/物流卸/流通

定年後,在宅,ライター

特別なスキルがなくてもパソコンで報酬のもらえる仕事の代名詞といわれているウェブライティング。

 

パソコンの専門的な知識は基本不要ですが、それでもコツというものがあり、そのコツを知らないと仕事に時間がかかったり、質の悪い記事になったり、作成したデータが採用されないということにもなりかねません。

 

効率的に仕事を勧めるためには、コツ…つまり記事の書き方を知る必要があります。

 

記事作成の多くは、ただタイトル、もしくはキーワードだけが与えられ、それに対して記事内容を考えることになります

 

そこで大切なことは、誰に対して発信する情報なのかを把握することです。

 

定年後,在宅,ライター

 

それは発注者に聞くのではなく、自分で発信者を決める。そうすることで、記事内容に統一感や、必要な情報がどれなのかをイメージすることができ、記事に一貫性を与えることができます

 

記事内容についてのコツは、その記事は多くの人に読んでもらえるような内容でなければならないこと。

 

日記風の記事なら別ですが、アフィリエイトに使用する記事の多くは、商品販売や情報発信に使用するものですので、最後まで読んでもらえない記事では意味がありません。

 

記事に対して全力を注ぐ部分の優先順位は、タイトル、記事の冒頭、前半の文章となります。

 

この優先順位を意識して作業に当たることで、発注者は作成された記事に対して高い満足感を感じ、その後の案件の紹介や報酬額などにも大きく影響するでしょう。結果的に仕事の質が上がり、報酬が上がるわけです。

 

続きを読む≫ 2014/01/27 14:29:27 在宅ワーク

定年,在宅,ライター,ブログで稼ぐ

定年後の生き方として最もおすすめな仕事の一つが在宅のウェブライターの仕事です。これは業者から頼まれた専門分野に関する記事を、指示書通りに書いて尾こずかいをもらう副業なのですが、家にいながら空き時間にでき、なおかつそれまでの知識がある程度ある高年者と最高に相性がよい仕事だと思います。

 

私の場合両親にもこのビジネスを教えていますが、趣味の釣りとかゴルフやダイエットに関する記事を300〜600文字ぐらい書くと150円ぐらいの報酬が貰えます。

 

実際に定年するまでは家庭のトラブルや子育てに関する様々な障壁を乗り越えてきたでしょうし、また、仕事関係でも専門的な知識が相当たまっているはず!

 

後はちょっとした記事の書き方のコツさえつかめば、報酬もあがりますし、何しろ生き甲斐が増えると思います。

 

定年,在宅,ライター,ブログで稼ぐ

 

よくTVなどであるグルメリポートの記事なども実はこのような在宅ライターが原稿を書いていることも多く、仕事の幅も書評から映画評,単なる日記までありとあらゆるジャンルでチャレンジできます。

 

また、ブログライターのスキルが上がった場合にはこうして自分でHPやブログを作って稼ぐことも可能ですし、さらにネットショッピングなどの通販サイトを自分で作ることも可能です。

 

 

定年,在宅,ライター,ブログで稼ぐ

少しずつですが趣味の園芸品にゃ工芸品を売ったりして、お客さんと毎日コミュニケーションを取っていけば、ボケ防止にもつながりますし、自分の生きてきた道がブログに残り,人様の役に立つというのは何ともありがたい気分です!

 

詳しい在宅副業ライターの情報はコチラに書きました!定年者は初めから大きく稼ごうと思うのではなく、少しずつ年金の足しにして行こう!という軽い気持ちで始めると良いと思いますよ!

続きを読む≫ 2014/01/25 18:30:25 在宅ワーク

定年後,仕事,探す

老後の生活の仕方には人それぞれの生き方がありますが、新たな道として小説家を選ぶ人たちがいます。

 

定年後、これまでの仕事にはこだわらずに趣味を生かし自費出版などで小説を書き上げていきます。

 

題材は自分のこれまでの人生経験を反映させたものや、新たな出会いや経験を題材とするものまでその幅は多種多様。

 

これといった視覚は必要ではなく、紙と鉛筆さえあればできるとあって、にわかに注目を集めています。

 

作家として歩み始めた人の中には、医師、主婦、証券マンなど様々な立場の人がいます。

 

例えばある男性は長年ホテルマンとして仕事をしてきましたが、60歳で定年を迎え、定年後の新たな道として小説家を選びました。きっかけはホテルを利用する作家たち。

 

定年後,仕事,探す

彼らの生き方から強い影響を受け、自分も作家として生きていくことを決意したのです。

 

作家として食べていくのは到底簡単なことではありません。しかしこれまでの経験を活かし、作品を書くことを業とするようになったのです。

 

世界一の長寿大国となった日本では、男性の平均寿命が80歳に近づき、仕事をリタイヤした後も20年の人生を歩むことができます。

 

作家として20年続けていくときに、作家としての腕前を上げ、世間に名を知らしめるようになれることになるかもしれません。

 

 

人はだれもが可能性を秘めており、どこで自分の持つ才能が日の目を見るか知る人は誰もいないのですから、第二の人生において新たな道を歩むのは、素晴らしい選択と言えるに違いありません。

定年,65歳,仕事

これまで日本では60歳でのリタイヤが一般的でした。しかし60歳という年齢はまだ若く、働く意欲があるうちに会社を退職するため、定年の年齢を引き上げようという動きが活発化しました。

 

そして2013年4月に高年齢者雇用安定法が施行され、希望すれば60歳を過ぎても働くことができるようになりました。

 

年齢は徐々に引き上げられ、65歳まで働けるようになります。法律の施行により雇用がどう変わるのか期待と不安を抱いている人もいます。

 

法律の具体的な中身は、今までの業務をそのまま続けられることを保証しているというわけではなく、60歳を過ぎても会社が提案する業務に携わることができるというものです。

 

ですから、フルタイムという枠にこだわらず、パートタイム的な形で雇用が継続されるケースもあります。またケースバイケースですが、関連企業に移行することもあり得ます。

 

雇用をするのは企業側の判断になるため、自分の希望通りの仕事ができるとは限らず、与えられる仕事を果たしていくことが必要になります。

 

ですから、雇用形態がどう変わるのかは一概にパターン化できるものではないということが分かります。

 

しかしながら60歳を過ぎても65歳までは働くことができるわけですから、再就職をする必要が無く、企業側も定年を早期に迎えて勤労意欲がある人材を企業側が雇い続けることで、

 

自社の業務を円滑に遂行できるというメリットがあり、雇用側、会社側双方にメリットがある制度と言えるでしょう。

仕事をリタイヤした後に第二の人生を有意義に生きるため、様々な道を歩む人たちがいます。その1つに定年後に舞台俳優として生きるという選択があります。

 

もちろん、芸能界で華々しく俳優として生きていくにはハードルが高いものの、地域に根差した劇団などで活躍する生き方を選んだ例があります。

 

各地域には地方劇団などの組織があり、人材を確保するため高齢者を迎え入れるケースが相次いでいます。

 

60代,俳優,

 

例えば、ある男性は長年金融機関での専門職に携わっていたものの、定年後に新たな道として演劇学校に夫婦で入校することにしました。

 

これまで家にいることで夫婦の摩擦が絶えませんでしたが、新たな道を歩み始めることで、夫婦で同じ価値観を共有し、かつての摩擦がやがては強いきずなへと変化していきました。

 

学校で身につけた技能を活かすべく、公募で市内の市民ミュージカルに応募します。見事主役に抜擢されますが、その後の稽古は楽ではありません。演出家に叱られながら一生懸命役柄をこなし、見事役を果たし切りました。

 

60代,俳優,

 

人それぞれに可能性が異なるものの、全く畑違いの道を歩むことで人生の意義を見出した人もいます。リタイヤ後、どのような人生を送るかは自分自身にかかっています。

 

新たな道を進むか、ただ家にいて無意味に時間だけを過ごすだけの人生を過ごすかも自分の決定です。

 

高齢だからとあきらめてしまうのではなく、自分の可能性を信じ、充実した生き方を目指す時に、道が必ず開かれるのです。

定年後に暮らすことになる家をどうするか、家族でしっかりと考えておきたい計画です。今住んでいる家にそのまま住み続けることもできますが、高齢になると生活面で様々な不便が生じるようになります。

 

例えば2階建ての家であれば、階段の上り下りがやがては負担になってきます。エレベーターの無い団地やマンションにお住まいであれば階数が高ければ高いほど支障が出てきます。これらの点を考慮に入れて老後の住居探しをしていくことが大切です。

 

老後を快適に過ごすためのオススメの住居で考えておきたいポイントの1つは、交通の利便性の高い地域に住むことです。

 

地方都市であってもバスや他の公共交通機関が充実しているなら問題はないでしょう。

 

家の構造も選ぶ際には大切なポイントです。

 

オススメなのはバリアフリーの構造です。戸建て物件でもバリアフリータイプの家を注文できます。マンションであれば、車いすでも廊下を移動できるような広さの物件を探しましょう

定年後,仕事,探す,ネット,

 

もう1つ考えておきたいのが断熱です。高齢になると気温の大きな変化に対応しにくくなります。

 

今人気なのが外断熱の構造ですが、家屋内の温度変化を抑え、真夏や真冬でも快適に過ごすことができるのが魅力です。

 

予算の関係上新しい物件を購入することが難しい場合は、家のリフォームを行う際にバリアフリー化などの要素を考慮に入れるようにしましょう。
少しの投資で長年にわたって快適に住むことのできる家にすることができます。

 

今回のニュースは日経新聞に載っていた「リタイア貧乏」に関する話題です。大手企業を退職しても年金がもらえるまでの5年間でお金を使ってしまうというケースが増えており、

 

家族から相談を受けているフィナンシャルプランナーの話によると

 

今まで手にしたことのない2000万という大金があるのを目にするとどうしても贅沢をしたくなってしまい、浪費に走るというありがちなパターンへの警告と見て取れます。

 

【大まかなあらすじ】

退職金の2000万を手にしたが、実際に住宅ローンがあったので800万を完済。持ち家を手に入れることはできた
          ↓
ここで気が緩み、子育てもひと段落がついたので旅行などの趣味にお金をかけてしまい、。蓄えは5年で1300万円も減る
          ↓
いざ65歳から年金をもらった時も贅沢はおさらまず、しかも体力が衰えて今から働くことはできなくなってしまった
          ↓
結局子供にお金を工面してもらうことになり、子ども側から相談される

という流れです。

 

 

 

定年後,イベント,60代

朝起きて会社に出勤し、仕事を終えて、夜には帰宅する。仕事をしている人には当たり前のライフサイクルですが、定年を迎えるとこの生活パターンは一変します。

 

丸1日が自由に使うことのできる時間になるため、かえって時間を持て余してしまうということもあります。

 

しかししっかりとスケジュールを立てておくと、メリハリの有る生活を楽しむことができるようになります。

 

定年生活のスケジュール作りで大切なのが、家族の時間と自分の時間をしっかりと振り分けることです。朝の起床時間を一定に保つならば、計画を立てやすくなります。

 

定年後,イベント,60代

 

人によってサイクルは異なりますが、ある人の1日は朝5時に起床し、ウォーキングを1時間行います。その後自宅に帰宅し、新聞にじっくりと目を通し、7時に朝食を取ります。

 

1時間かけて食事をした後は、午前中に趣味のための時間を過ごします。

 

例えば音楽や語学などの講座に通います。

 

午後も趣味や自分のために時間を過ごしますが、家庭菜園や園芸などの趣味も同時にこなします。

 

夕方5時には妻と共に夕食を作り、家族で一緒に食事をし、夜9時には就寝します。

 

この人のプランの場合、自分のために過ごす時間と家族と一緒に過ごす時間を上手に振り分けていることがわかります。

 

1日家で何もせずゴロゴロしているのではなく、アクティブに生活することで、有意義に時間を過ごしていることも窺い知ることができます。

 

このようなプランを立てておけば、家族との関係も良好に保つことができるでしょう。

定年後,持ち家なし,暮らし,住宅

持ち家を持っていない人が老後を迎えると、年金で生活を維持していかなければならず、年金の種類によっては生計を立てて行くことが非常に難しくなる場合が少なくありません。

 

厚生年金であればある程度の手厚い保証が得られることから、生活費を切り詰めることでアパートやマンションでの生活も可能ですが、国民年金となるとそうは行きません。

 

国民年金の場合、満額で一人あたり65,000円前後となっており、夫婦ふたりの世帯では13万円程度の収入になります。持家なしの人の場合、他の収入がなければ生活を維持するのは難しいのが現状です。

 

定年後に持家なしの生活を送るのに助けになるのが、公営住宅への入居です。

 

都道府県や市町村が運営する公営住宅は収入が少ない人のために用意している住居で、国民年金受給者であればほとんどの場合、入居資格を満たします。

 

定年後,持ち家なし,暮らし,住宅

 

家賃も民間に比べて格段に安く、出費を抑えることも可能です。また収入に応じて家賃を減額する制度を設けているケースも有り、低所得者を守る政策が取られています。

 

公営住宅を利用するなら、持ち家がなくても生活を維持することはできるでしょう。

 

若いうちは定年後の生活は現実とはかけ離れているため、想像することもそう無いかもしれませんが、人間は生きている以上必ず年老いていくため、将来に対する備えやビジョンを持つのは必要不可欠になっています。

 

 

 

年金は生命保険や預貯金とは比較にならない高利回りの制度だということも知っておくと、年金を収め、将来に対する貯蓄もしっかりとしておこうという気持ちになるはずです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義