老後の不動産経営について

不動産経営ってどんな仕事?

定年後,老後,不動産,内容,はじめ方

老後の資産運用の選択肢として注目を集めているのが不動産経営。とくにアパートやマンションといった賃貸物件の経営が注目されています。資産運用の選択肢としてだけでなく、定年退職後も働き続けたい、生きがいを持ちたいと願っている人にとっても重要な選択肢といえます。

 

簡単に言えば不動産を所有し、それを賃貸に出すことで収入を得る方法です。

 

アパートやマンションの場合、家賃収入という形で確実に収入が入ってくるわけですから、安定収入が期待できます。また、生涯続けられ、収入を得る手段として役立つほか、いずれは妻や子供たちに譲りわたす財産にもなってくれます。こうしたメリットが歓迎されているのです。

 

では具体的にどのような仕事が求められるのでしょうか。経営と聞くとさぞかし忙しく、難しいと思う人も多いでしょう。しかし実際の内容はそれほど大変なものではありません

 

実際の物件の管理は管理会社に委託することも多いので現役世代が働きながら経営を行うケースも見られます。

 

やることといえば管理会社の選択、経営状況、とくに空室状態のチェックと収支状況の確認くらいでしょうか。

 

空室が多いようなら家賃の見直しや宣伝、あるいは新たな設備投資などを検討することになります。

 

世間で言われているほど確実な利益が得られる資産運用とはいえないかもしれません。しかし高齢になってもでき、収入を得ることができる魅力的な選択肢であることは間違いないでしょう。

 

【オススメ】

 

定年後,老後,不動産,内容,はじめ方

定額35万円で住空間デザイン

自宅をリフォームして満室で貸し出すサービスがコチラ。資料請求は無料です。

 

 

定年後,老後,不動産,内容,はじめ方

マンション投資の資料一括請求!【無料】

 

 

定年後,老後,不動産,内容,はじめ方


石原博光の金利1.5%のありえない融資で利回り19%の満室経営をする方法「まずは、アパート一棟、買いなさい!」の著者である石原博光氏が本や雑誌、セミナーでは絶対に言えない2013年最新の不動産投資ノウハウを遂に公開!
セミナーなどに参加できない方は


レンタル収納オーナー,仕事,内容

空いた土地を有効活用し収入に結び付けるビジネスがレンタル収納オーナーです。

 

定年後の副業としても人気のあるこの仕事は、保有している土地の一部に、コンテナなどを使用した収納ボックスを設置し、利用者に貸与するのが主な仕事内容です。

 

ときおり街中でもこうした収納コンテナを見かけることもありますが、利用者は年々増え続けています

 

利用者の多くは、家が狭く収納スペースが限られているため、季節ものの物品を一時的に保管する場所として利用するケースや、転勤で一時的に土地を離れる場合にまた戻ってきたときに使用するための家具などを保管しておくといった利用方法もあります。

 

ちなみにレンタル収納オーナーになるには、自分で全てを設置し提供する方法がありますが多額の初期投資が必要なため万人向きではありません

 

他の方法として、レンタル収納ビジネスを展開している管理会社と契約を結ぶ方法があります。

 

これならコンテナの設置や場所の整備は全て管理会社が行うため初期投資をせずに済みます。

 

その後の管理、運営も全て管理会社が代行してくれるため、仕事内容についていえば、自分はほとんど動くことなく賃貸収入を得ることができます。

 

アパートやマンションを経営するほどの土地はなくてもレンタル収納を提供できるスペースがあればできるのがこの仕事。

 

空いた土地の有効活用になるだけでなく、副収入として活用できる仕事ですから、将来性もあり継続的に収入が得られるのも魅力です。

続きを読む≫ 2013/09/05 13:16:05

持ち家,アパート化,稼ぐ

定年後の資産運用の選択肢として注目されているのが不動産経営。とくにアパート・マンション経営が注目されています。定年退職後の場合、新たに物件を購入するのではなく、自宅を賃貸物件にしてはじめるケースも見られます。

 

子供が独立して夫婦のみ、あるいは一人で生活するようになると持ち家では広くて使わなくなってしまうからです。

 

そんな不動産経営に役立つ資格がマンション管理士です。単に自分が不動産経営を行うためだけでなく、定年後の就職や生計の手段に役立つとして注目を集めています。なお、あるデータでは退職後に取得した資格についてのアンケートで堂々の1位を獲得しています。

 

人気を得ている背景にはまず取得に年齢制限がないこと。もちろん、誰でも受験できるのと、合格できるのとでは大きな違いがありますが、退職した後勉強を始めても取得することは十分可能です。

 

時間の余裕がある分有利といってもよいでしょう。また、基本的には頭脳労働ですから、高齢でも問題なく働くことができます。

 

冒頭に書いたように賃貸物件の経営をはじめる人が増えています。

 

ということは需要そのものも増加しているのです。就職活動の際、若い世代に比べると不利になるのは否めませんが、少なくとも年齢が理由で応募すらできない、といったことは少ないでしょう。

 

何か目標を持つことは生きがい探しにもつながります。将来のライフプランと目標の両方を得ることができる理想的な選択肢となってくれるのでしょうか。

続きを読む≫ 2013/06/24 14:05:24

定年後,不動産経営,リスク

家賃収入による安定した収益、目減りしない財産、貯蓄の安定運用…さまざまなメリットが指摘されている不動産経営。定年後の資産運用の選択肢としても注目されています。仕事がなくなった定年退職後は収入の支出のバランスに不安を覚えるもの。そんな不安を安定収入によって解消してくれる選択肢でもあります。

 

しかし、あまりにもメリットばかりが持てはやされている面も見られます。平均の利回りが5%とも言われ、はじめれば誰でも収益を得られるかのようです。しかし当然投資である以上、失敗のリスクもあります。しかも何千万円という大きな買い物をする投資ですから、失敗の際のダメージも非常に大きくなります

 

それだけに、デメリットもしっかり把握した上で検討・判断することが求められます。どのようなデメリットがあるのでしょうか。

 

もっとも注意しなければならないのが空室のリスク。安定した家賃収入と書きましたが、それはあくまで部屋が埋まってこそ。

 

不動産の経営には当然経費がかかります。

 

空室が多ければ収入よりも支出が多くなってしまうのです。また、空室が増えたきた場合、新たな入居者を獲得するため、最新の設備を導入するための資金も必要になるでしょう。不動産さえ購入すればあとは黙っていても収入が入ってくるというわけではないのです。

 

周辺環境の変化に晒されやすい点も挙げておくべきでしょう。人気のエリアには人が多く集まりますし、そうでなければ入居者の獲得に苦労することになります。再開発によって人が集まるエリアが他の場所に移ってしまう、そんなリスクも考えられます。

 

さらにもし収益が得られず、処分したいと思った場合、なかなか買い手がつかないマイナス点もあります。そのため買い叩かれてしまうなどのリスクも頭に入れておくべきでしょう。

続きを読む≫ 2013/05/24 23:30:24

老後,定年後,不動産経営,メリット

定年後に不動産経営を行う場合、いくつかのメリットが考えられます。超低金利時代やペイオフ解禁などの影響で老後の資産運用が不可欠となっている時代、この選択肢はさまざまな面で魅力があるのです。

 

まず年金代わりに利用することができること。年金だけで生活費を賄うことができる人はほとんどいないでしょう。また少子高齢化の影響で年金制度そのものが危ぶまれている面もあります。

 

不動産を賃貸に出せば家賃収入の形で毎月安定した収入を得ることができます。物件を所有している限り、経営を続ける限り収入を得続けることができるわけですから、年金とほぼ同じ機能を持つことになります。

 

それから物価の変動にも強い点。現在、長引く景気の低迷の原因とされているデフレを克服するべく、さまざまな取り組みがなされています。資産運用の大きな不安点はインフレによる目減り。

 

しかし家賃収入は物価に合わせて家賃収入を調節しやすいため、物価の変動に左右される面がありません。また、家賃は基本的に上がることはあっても下がることは滅多にありません。その点でも安定した収入が期待できます。

 

ローンを組みやすいのも特徴として挙げられるでしょう。家賃収入があるため、金融機関も安心して融資してくれるのです。また金利や融資額を優遇してくれる不動産経営用のローンを用意している金融機関もあります。

 

他にも不動産そのものを財産として妻や子供に譲ることができる、その際に相続税が優遇されるといった点も魅力として挙げられます。さまざまなメリットを備えた投資方法といえるでしょう。

続きを読む≫ 2013/05/24 23:30:24

定年後,不動産投資,種類,始め方

定年退職を機会に不動産経営を始める人が増えています。家賃収入を年金代わりにすることができるほか、高い利回りで貯蓄を増やしていくことができるなどさまざまなメリットが期待できるこの方法。しかし始める際にはさまざまな準備が必要です。

 

なんといってもまず不動産を購入しなければなりません。

 

一番基本的で、一番難しい点となるでしょう。何千万円もの出費となるわけですから、失敗が許されません。投資先として適した不動産を選ぶことが求められます。

 

なお、物件を一軒丸ごと購入する必要は必ずしもなく、他の人と共同所有したり、あるいは不動産投資ファンドに投資するといったよりリスクが少ない選択肢もあります

 

これらのうちどの方法を選ぶかも重要なポイントとなるでしょう。

 

もうひとつ忘れてはならないのが資金の確保。定年退職後に始める場合には現金で購入するか、ローンで購入するかの2通りの選択肢が浮上します。

 

後者の場合も年齢的な点からそれなりの頭金が求められますから、貯蓄からどの程度使うかなど慎重な判断が求められるでしょう。

 

現在では不動産投資用のローンを提供している金融機関もあるので相談してみるとよいかもしれません。

 

こうした基本的な始め方を踏まえたうえで後悔のない選択をすることが求められます。

 

大切な財産を失ってしまうことがないよう、十分に検討・吟味を重ねた上で判断し、始めることが何よりも重要になってくるでしょう。リターンとリスクの両方を踏まえておくことも忘れてはなりません。

続きを読む≫ 2013/05/24 23:29:24

定年後,不動産経営,収入,目安

資産運用の手段として、あるいは老後の収入の選択肢として注目されている不動産経営。不動産という資産価値の高い財産を有効利用し、安定した収入を得られる方法です。

 

老後の資金計画は誰にとっても頭の痛い問題でしょう。年金収入だけで生計を立てていくのは困難。一方貯蓄を切り崩すだけの生活も難しいものがあります。60代の平均貯蓄額が約2200万円

 

このお金は不動産を購入するのにちょうど適した金額でもあります。どんどん切り崩して減らしていくくらいなら、資産運用として役立て、財産を増やして安定した老後の生活を手に入れようというわけです。

 

では実際のところ不動産経営にはどの程度の稼ぎが期待できるのでしょうか。平均額があればわかりやすいのですが、残念ながらそれはありません。投資した金額や物件の経営状態などによって大きな差が生じるからです。

 

ですから重要なのは平均していくら稼げるかではなく、どれぐらいの利回りがあるか、となります。賃貸物件として運営した場合の利回りの目安は5%程度

 

これがいかに高い数字かは定期預金が0.04%、個人向け10年物の国債が0.77%であることを考えれば一目瞭然でしょう。

 

単純計算で物件価格にこの利回りをかけた数字が稼ぎとなります。

 

もちろん、必ずこれだけの利回りを得られるというわけではなく、空室を減らし、家賃を確実に確保するための努力が必要です。ただ年齢に関係なく生涯にわたって続けられる資産運用、仕事として魅力的なことだけは間違いないはずです。

続きを読む≫ 2013/05/24 23:28:24

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義