不動産経営でどれくらい儲かるのか

不動産経営でいくら稼げる?

定年後,不動産経営,収入,目安

資産運用の手段として、あるいは老後の収入の選択肢として注目されている不動産経営。不動産という資産価値の高い財産を有効利用し、安定した収入を得られる方法です。

 

老後の資金計画は誰にとっても頭の痛い問題でしょう。年金収入だけで生計を立てていくのは困難。一方貯蓄を切り崩すだけの生活も難しいものがあります。60代の平均貯蓄額が約2200万円

 

このお金は不動産を購入するのにちょうど適した金額でもあります。どんどん切り崩して減らしていくくらいなら、資産運用として役立て、財産を増やして安定した老後の生活を手に入れようというわけです。

 

では実際のところ不動産経営にはどの程度の稼ぎが期待できるのでしょうか。平均額があればわかりやすいのですが、残念ながらそれはありません。投資した金額や物件の経営状態などによって大きな差が生じるからです。

 

ですから重要なのは平均していくら稼げるかではなく、どれぐらいの利回りがあるか、となります。賃貸物件として運営した場合の利回りの目安は5%程度

 

これがいかに高い数字かは定期預金が0.04%、個人向け10年物の国債が0.77%であることを考えれば一目瞭然でしょう。

 

単純計算で物件価格にこの利回りをかけた数字が稼ぎとなります。

 

もちろん、必ずこれだけの利回りを得られるというわけではなく、空室を減らし、家賃を確実に確保するための努力が必要です。ただ年齢に関係なく生涯にわたって続けられる資産運用、仕事として魅力的なことだけは間違いないはずです。


不動産経営の収入目安関連ページ

不動産経営の始め方
不動産投資は何と言っても初期費用がかかります。リートに分散したり、ファンド管理の道もあります。一棟買い以外の選択肢も含めリスク分散を考慮しましょう。ローンは結構大変ですよ。
自宅でアパート経営をする
マンション管理士の仕事には定年がなく、自宅のアパート化する際に必須の資格です!子供が独立して持ち家が広くなりすぎたらリフォームをしてアパート経営に乗り出すというのも良い手段ではないでしょうか?
不動産経営のメリット
箱ものよりも土地で稼ぐのが年金の正しい使い方ではないでしょうか?駐車場にアパート,貸店舗など不動産のバリエーションは豊富であり、家賃収入で安定的に稼げるのが最大の魅力でしょう。
不動産経営のデメリット
インフレと金利の上昇,初期費用や空き部屋の管理など不動産経営のリスクやデメリットも考えて判断しましょう!近隣環境や交通。コンビニ一つで売り上げが大きく左右しますよ。
レンタル収納オーナー
アパート経営やマンション経営は初期費用が高いです。その点レンタル収納オーナーは空きスペースを活かした副業再度ビジネスとして有益だといえるでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義