老後の不動産経営のメリットとは

長期の安定収入が最大の魅力!相続もできる王道ビジネスです。

老後,定年後,不動産経営,メリット

定年後に不動産経営を行う場合、いくつかのメリットが考えられます。超低金利時代やペイオフ解禁などの影響で老後の資産運用が不可欠となっている時代、この選択肢はさまざまな面で魅力があるのです。

 

まず年金代わりに利用することができること。年金だけで生活費を賄うことができる人はほとんどいないでしょう。また少子高齢化の影響で年金制度そのものが危ぶまれている面もあります。

 

不動産を賃貸に出せば家賃収入の形で毎月安定した収入を得ることができます。物件を所有している限り、経営を続ける限り収入を得続けることができるわけですから、年金とほぼ同じ機能を持つことになります。

 

それから物価の変動にも強い点。現在、長引く景気の低迷の原因とされているデフレを克服するべく、さまざまな取り組みがなされています。資産運用の大きな不安点はインフレによる目減り。

 

しかし家賃収入は物価に合わせて家賃収入を調節しやすいため、物価の変動に左右される面がありません。また、家賃は基本的に上がることはあっても下がることは滅多にありません。その点でも安定した収入が期待できます。

 

ローンを組みやすいのも特徴として挙げられるでしょう。家賃収入があるため、金融機関も安心して融資してくれるのです。また金利や融資額を優遇してくれる不動産経営用のローンを用意している金融機関もあります。

 

他にも不動産そのものを財産として妻や子供に譲ることができる、その際に相続税が優遇されるといった点も魅力として挙げられます。さまざまなメリットを備えた投資方法といえるでしょう。


不動産経営のメリット関連ページ

不動産経営の始め方
不動産投資は何と言っても初期費用がかかります。リートに分散したり、ファンド管理の道もあります。一棟買い以外の選択肢も含めリスク分散を考慮しましょう。ローンは結構大変ですよ。
不動産経営の収入目安
不動産経営の収入目目安を紹介します。60代の平均貯蓄から計算して、利回りを計算すると約5%となっています。規模によってどれくらい稼げるのか?は違いますが、かなり高い数値であることは間違いありません。
自宅でアパート経営をする
マンション管理士の仕事には定年がなく、自宅のアパート化する際に必須の資格です!子供が独立して持ち家が広くなりすぎたらリフォームをしてアパート経営に乗り出すというのも良い手段ではないでしょうか?
不動産経営のデメリット
インフレと金利の上昇,初期費用や空き部屋の管理など不動産経営のリスクやデメリットも考えて判断しましょう!近隣環境や交通。コンビニ一つで売り上げが大きく左右しますよ。
レンタル収納オーナー
アパート経営やマンション経営は初期費用が高いです。その点レンタル収納オーナーは空きスペースを活かした副業再度ビジネスとして有益だといえるでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義