定年後の不動産経営リスク

定年後の不動産経営のデメリットは?

定年後,不動産経営,リスク

家賃収入による安定した収益、目減りしない財産、貯蓄の安定運用…さまざまなメリットが指摘されている不動産経営。定年後の資産運用の選択肢としても注目されています。仕事がなくなった定年退職後は収入の支出のバランスに不安を覚えるもの。そんな不安を安定収入によって解消してくれる選択肢でもあります。

 

しかし、あまりにもメリットばかりが持てはやされている面も見られます。平均の利回りが5%とも言われ、はじめれば誰でも収益を得られるかのようです。しかし当然投資である以上、失敗のリスクもあります。しかも何千万円という大きな買い物をする投資ですから、失敗の際のダメージも非常に大きくなります

 

それだけに、デメリットもしっかり把握した上で検討・判断することが求められます。どのようなデメリットがあるのでしょうか。

 

もっとも注意しなければならないのが空室のリスク。安定した家賃収入と書きましたが、それはあくまで部屋が埋まってこそ。

 

不動産の経営には当然経費がかかります。

 

空室が多ければ収入よりも支出が多くなってしまうのです。また、空室が増えたきた場合、新たな入居者を獲得するため、最新の設備を導入するための資金も必要になるでしょう。不動産さえ購入すればあとは黙っていても収入が入ってくるというわけではないのです。

 

周辺環境の変化に晒されやすい点も挙げておくべきでしょう。人気のエリアには人が多く集まりますし、そうでなければ入居者の獲得に苦労することになります。再開発によって人が集まるエリアが他の場所に移ってしまう、そんなリスクも考えられます。

 

さらにもし収益が得られず、処分したいと思った場合、なかなか買い手がつかないマイナス点もあります。そのため買い叩かれてしまうなどのリスクも頭に入れておくべきでしょう。


不動産経営のデメリット関連ページ

不動産経営の始め方
不動産投資は何と言っても初期費用がかかります。リートに分散したり、ファンド管理の道もあります。一棟買い以外の選択肢も含めリスク分散を考慮しましょう。ローンは結構大変ですよ。
不動産経営の収入目安
不動産経営の収入目目安を紹介します。60代の平均貯蓄から計算して、利回りを計算すると約5%となっています。規模によってどれくらい稼げるのか?は違いますが、かなり高い数値であることは間違いありません。
自宅でアパート経営をする
マンション管理士の仕事には定年がなく、自宅のアパート化する際に必須の資格です!子供が独立して持ち家が広くなりすぎたらリフォームをしてアパート経営に乗り出すというのも良い手段ではないでしょうか?
不動産経営のメリット
箱ものよりも土地で稼ぐのが年金の正しい使い方ではないでしょうか?駐車場にアパート,貸店舗など不動産のバリエーションは豊富であり、家賃収入で安定的に稼げるのが最大の魅力でしょう。
レンタル収納オーナー
アパート経営やマンション経営は初期費用が高いです。その点レンタル収納オーナーは空きスペースを活かした副業再度ビジネスとして有益だといえるでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義