証券・FXによる資産運用ってどんな仕事?

これまで定年後は年金収入に頼りつつ貯蓄を切り崩していく生活が一般的でした。しかし少子高齢化による年金制度の動揺、超低金利時代などによりそれだけでは老後の生活を維持できないケースが増えています。

 

そのため老後になってから資産運用で自分の財産と生活を守る必要も出てきているのです。

 

そんな老後の資産運用の選択肢として注目されているのが証券・FXです。FXの名前くらいは聞いたことがあるでしょう。

 

簡単に言えば外国の通貨を取引することによって利益を目指す方法です。

 

この選択肢にはいくつかのメリットがあります。まず堅実な投資ができること。最近ではハイリスクハイリターンのイメージばかりが目立っている傾向がありますが、通貨は株式と異なり、値動きの幅がそれほど大きくありません

 

株式の場合、たとえば経営の危機に陥った場合は急激な下落を見せますし、実際に破綻すれば紙切れ同然になってしまいます。しかし通貨は国家が破綻するようなことでもないかぎり通貨の価値がなくなるようなことはありません

 

もうひとつ、円高・円安を問わず利益を目指すことができる点。

 

とくに近年は円の価値が乱高下する傾向があり、投資のチャンスでもあります。円高の場合にはドルを売って円を買っておく、円安の場合は逆の取引をすることで利益が得られます。

 

状況に合わせて適切な判断をすることでつねに収益を期待することができるわけです。

 

資産を運用する手段としてだけでなく、生活に張りをもたらす趣味として役立てている高齢者も増えています。定年後の選択肢として検討してみてはいかがでしょうか。

 

 



14日間無料【ゴールドコース】億を狙い撃ちする株式トレーディングシステム「億トレ」月額会員制銘柄配信サービス


退職金はどの程度もらえるのでしょうか。定年退職後の生計の手段として、あるいはローンを支払い終えるための資金源として当てにしている人も多いはずです。

 

具体的な金額に関しては厚生労働省による平成19年のデータがあります。

 

これによると大学卒の管理・事務・技術職で2335万円、高校卒の管理・事務・技術職で2001万円。60代以上の平均貯蓄額が約2300万円といわれていますから、それに匹敵する額を受け取れることになります。

 

ではこのお金をどうするべきなのでしょうか?

 

貯蓄して生活費に当てる、とまず考える人がほとんどでしょう。

 

しかし実際に退職後に生活をはじめてみるとそれだけでは不十分に感じる人がほとんどです。

 

超低金利時代では銀行に預けても増やすことは期待できません、そのうえ物価が上がり、負担が増していく。銀行に預けっぱなしにするのではなく、より有効な対策が求められるのです。

 

そこで浮上するのが資産運用。

 

投資によって資産を増やしていく方法です。規制緩和やそれに合わせたさまざまな金融商品の登場によって選択肢も増えている状況です。いまや資産は効果的に運用してはじめて役立てることができる、といってもよい時代になっているのです。

 

ただ、収入が年金のみの状況で安易に資産運用を行うと老後の蓄えを一気に失ってしまう恐れがあります。そのためリスクを最小限に、安定運用を第一に考えて行っていくことが求められます。

 

投資ファンドへの出資、あるいはリスクヘッジのための分散投資など、巧みな運営が必要となるでしょう。資産を守りながら増やす。退職金を有効に活用したいものです。

続きを読む≫ 2013/06/24 14:24:24

年金,FX,,証券,投資,危険

高齢者の資産運用の選択肢として注目されているのが証券・FX。とくにプロに実際の投資先を委ねる投資信託が人気です。ただ、証券会社ではメリットばかりを強調する傾向が強く、後になって問題が浮上したり、トラブルに巻き込まれるケースも増えています。

 

ではこの資産運用ではどのようなデメリットがあるのでしょうか。最大の問題点は「理想と現実のギャップ」でしょう。いざ投資したら損失を出してしまい、元本割れを起こしてしまうケースもあります。

 

その際に「話が違う」と業者に苦情を申し立ててトラブルが発生することも多いのです。実際のところ元本が保証された状態で安定した利益を得られる運用方法など存在しません。

 

投資信託の説明でも必ず元本割れについての説明が記載されています。その点を十分に理解せず、資産を減らすリスクもなく安定して増やしていくことができる、といった「幻想」を抱いたまま出資するケースも多いのです。

 

デメリットというより注意点といった方がよいでしょうか。

 

また、投資信託の場合、自分でどのような投資先に出資しているのかわからない面もあります。

 

プロに任せるのですから当然ですが、いざ損益が生じた時に納得の行かない思いをすることにもなりかねません。これもマイナス点として注意すべきところでしょう。

 

基本的には利回りの高さではなく、あくまで安定運営を重視して投資先を選ぶべきでしょう。そのためにもあまり耳辺りのよい宣伝文句だけに惑わされず、マイナス面、注意点も踏まえたうえでしっかりと見極める必要があります。

続きを読む≫ 2013/05/24 23:37:24

規制緩和などの影響で資産運用の有力な選択肢として浮上するようになった証券・FX。ハイリスクハイリターンから安定した収益を目指す手堅い運用までさまざまな方法があるため幅広い層に適していると言われています。

 

ではこの方法にはどういったメリットが期待できるのでしょうか。

 

最大のポイントは小額の資金でもはじめることができる点。とくに定年退職後に行う場合、今後の収入の手段が限られているため、あまり多額の投資は避けたいという意識が働きます。

 

FXの場合はレバレッジを活用すれば自己資金以上の取引を行うことができますし、投資信託を活用すれば個人では購入できる株式などの商品に投資することも可能です。

 

投資信託の場合はプロに運用を任せることでより安定した収益を上げる点も大きな魅力です。

 

素人判断での投資は失敗と多額の損益をもたらすリスクがどうしても付きまといます。

 

多くの人からお金を集め、プロが投資・運用を行う投資信託なら素人でも安心して投資を行うことができるのです。この点はリスクヘッジにも結びつきます。

 

ひとつの商品に集中して投資するのではなく、賢く分散し、市場の動向がどのように変化しようとも一定の利益を得られる、あるいは万一損を出す場合でも最小限に抑えることができます。

 

こうしたメリットがあるからこそ、老後の資産を増やす手段として適しているのです。

 

まずは小額からはじめてみて、自分に適した選択肢が見つかった場合には少しずつ金額を増やしていく方法で行っていくとよいのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2013/05/24 23:36:24

証券・FXを資産運用の選択肢として始める場合には事前にあらかじめ踏まえておくべき心構えがあります。

 

「誰でも儲かる」「少ない資産で大きな利益を得られる」といったよい面を挙げた言葉だけに踊らされて安易に始めると資産を失ってしまう恐れもあるからです。

 

始める際にはまず取引を扱っている業者を決める必要があります。

 

業者によって取り扱っている証券や通貨、あるいは手数料などに違いがあるので注意しましょう。

 

ハイリスクハイリターンを目指す人に向いている業者と、安定運用を目指す人に向いている業者があるのでその辺の見極めをしっかりと行っておきたいところ。

 

また、信託保全がしっかりできているか。

 

数年前にこの手の業者が立て続けに破綻し、顧客から預かっていた証拠金が返還不可能になってしまった問題が生じました。取引を行う際にはあらかじめ業者に証拠金の形で運用するお金を預ける必要があります。

 

信託保全はその業者が万一破綻してしまった場合でも顧客にきちんと返還される制度のこと。ほとんどの業者が導入していますが、一応確認しておきましょう。

 

あとは自分自身の心構えの問題。一度儲けるとどんどんのめりこみやすくなるのもこの投資方法の特徴。安定運用を心がけていたにも関わらずいつのまにか多額の投資を行ったり、リスクの高い方法を選択するようになっていく…といったケースも見受けられます。

 

欲の皮に足元を乱されないよう、しっかりと目的意識を持った上で行っていくことが求められます。こうした始め方のポイントは失敗しないためにも、損益を出した時にダメージを最小限にするためにもぜひとも踏まえておきましょう。

続きを読む≫ 2013/05/24 23:35:24

証券・FXでいくらぐらい稼ぐことができるのでしょうか。仕事をしながら儲けている人、収入が仕事よりもはるかに多額になった人など、景気のいい話もよく聞きます。

 

定年退職後の資産運用として活用する場合にはどれだけ資産を増やせるかどうかが最大のポイントとなりますから、この「いくら稼げるか」は重要なテーマです。

 

では実際のところどれぐらいの収入を期待することができるのでしょうか。

 

ただ、これは会社員の仕事ではありません。

 

損することもあれば得をすることもありますし、手堅く儲けている人もいれば損ばかりしている人もいます。そのため平均的な数字を出すことは不可能です。

 

また、出資額がどれぐらいか、どんな取引を目指しているかによっても稼ぐ金額が異なってきます。FXにはリバレッジというシステムがあります。

 

これは少ない資産でより大きな取引を可能にするシステムで、自己資金の数倍、数十倍もの取引を行うことも可能です。それで成功すれば当然大きな利益が得られるのですが、失敗した場合の損益も相当なものになります。

 

ハイリターンを目指すか、安定した運用を目指すかでも稼ぎが異なってくるのです。

 

ただ、資産運用の手段として活用する場合には10%程度の収益がひとつの目安となるでしょう。

 

老後の資産運用として活用する場合にはもう少し低く、5%くらいでも十分かもしれません。

 

そのためにはリバレッジを低く設定し、場合によっては金利の差によって利益が生じるスワップ金利を目当ての投資も検討していくことが求められます。

 

ギャンブル性を求めるか、安定運用を目指すかで目指す稼ぎのレベルが異なってくる点をまず把握しておきましょう。

続きを読む≫ 2013/05/24 23:34:24

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義