証券・FXによる資産運用でいくら稼げる?

証券・FXでいくらぐらい稼ぐことができるのでしょうか。仕事をしながら儲けている人、収入が仕事よりもはるかに多額になった人など、景気のいい話もよく聞きます。

 

定年退職後の資産運用として活用する場合にはどれだけ資産を増やせるかどうかが最大のポイントとなりますから、この「いくら稼げるか」は重要なテーマです。

 

では実際のところどれぐらいの収入を期待することができるのでしょうか。

 

ただ、これは会社員の仕事ではありません。

 

損することもあれば得をすることもありますし、手堅く儲けている人もいれば損ばかりしている人もいます。そのため平均的な数字を出すことは不可能です。

 

また、出資額がどれぐらいか、どんな取引を目指しているかによっても稼ぐ金額が異なってきます。FXにはリバレッジというシステムがあります。

 

これは少ない資産でより大きな取引を可能にするシステムで、自己資金の数倍、数十倍もの取引を行うことも可能です。それで成功すれば当然大きな利益が得られるのですが、失敗した場合の損益も相当なものになります。

 

ハイリターンを目指すか、安定した運用を目指すかでも稼ぎが異なってくるのです。

 

ただ、資産運用の手段として活用する場合には10%程度の収益がひとつの目安となるでしょう。

 

老後の資産運用として活用する場合にはもう少し低く、5%くらいでも十分かもしれません。

 

そのためにはリバレッジを低く設定し、場合によっては金利の差によって利益が生じるスワップ金利を目当ての投資も検討していくことが求められます。

 

ギャンブル性を求めるか、安定運用を目指すかで目指す稼ぎのレベルが異なってくる点をまず把握しておきましょう。


証券・FXによる資産運用の収入目安関連ページ

退職金の資産運用に関する注意
証券・FXによる資産運用の始め方
証券やFXで資産運用をする際に大切なのはリターンとリスクを考えて、業者をしっかり選ぶことです。信託にするのか自己管理するのか、しっかり考えてから行動しましょう。
証券・FXによる資産運用のメリット
定年後の仕事探しをしましょう
証券・FXによる資産運用のデメリット
高齢者の資産運用はリスクが高すぎるものは避けましょう。FXや証券は銀行の担当員の口車に乗って楽にかけげるようなものではありません。まずは情報収集が大切ですよ!

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義