年金を証券やFXに投資するデメリット

証券・FXによる資産運用のデメリットは?

年金,FX,,証券,投資,危険

高齢者の資産運用の選択肢として注目されているのが証券・FX。とくにプロに実際の投資先を委ねる投資信託が人気です。ただ、証券会社ではメリットばかりを強調する傾向が強く、後になって問題が浮上したり、トラブルに巻き込まれるケースも増えています。

 

ではこの資産運用ではどのようなデメリットがあるのでしょうか。最大の問題点は「理想と現実のギャップ」でしょう。いざ投資したら損失を出してしまい、元本割れを起こしてしまうケースもあります。

 

その際に「話が違う」と業者に苦情を申し立ててトラブルが発生することも多いのです。実際のところ元本が保証された状態で安定した利益を得られる運用方法など存在しません。

 

投資信託の説明でも必ず元本割れについての説明が記載されています。その点を十分に理解せず、資産を減らすリスクもなく安定して増やしていくことができる、といった「幻想」を抱いたまま出資するケースも多いのです。

 

デメリットというより注意点といった方がよいでしょうか。

 

また、投資信託の場合、自分でどのような投資先に出資しているのかわからない面もあります。

 

プロに任せるのですから当然ですが、いざ損益が生じた時に納得の行かない思いをすることにもなりかねません。これもマイナス点として注意すべきところでしょう。

 

基本的には利回りの高さではなく、あくまで安定運営を重視して投資先を選ぶべきでしょう。そのためにもあまり耳辺りのよい宣伝文句だけに惑わされず、マイナス面、注意点も踏まえたうえでしっかりと見極める必要があります。


証券・FXによる資産運用のデメリット関連ページ

退職金の資産運用に関する注意
証券・FXによる資産運用の収入目安
定年後の仕事探しをしましょう
証券・FXによる資産運用の始め方
証券やFXで資産運用をする際に大切なのはリターンとリスクを考えて、業者をしっかり選ぶことです。信託にするのか自己管理するのか、しっかり考えてから行動しましょう。
証券・FXによる資産運用のメリット
定年後の仕事探しをしましょう

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義