退職金をどう運用して行くかが老後を楽しく生きるコツでしょう。

退職金はどの程度もらえるのでしょうか。定年退職後の生計の手段として、あるいはローンを支払い終えるための資金源として当てにしている人も多いはずです。

 

具体的な金額に関しては厚生労働省による平成19年のデータがあります。

 

これによると大学卒の管理・事務・技術職で2335万円、高校卒の管理・事務・技術職で2001万円。60代以上の平均貯蓄額が約2300万円といわれていますから、それに匹敵する額を受け取れることになります。

 

ではこのお金をどうするべきなのでしょうか?

 

貯蓄して生活費に当てる、とまず考える人がほとんどでしょう。

 

しかし実際に退職後に生活をはじめてみるとそれだけでは不十分に感じる人がほとんどです。

 

超低金利時代では銀行に預けても増やすことは期待できません、そのうえ物価が上がり、負担が増していく。銀行に預けっぱなしにするのではなく、より有効な対策が求められるのです。

 

そこで浮上するのが資産運用。

 

投資によって資産を増やしていく方法です。規制緩和やそれに合わせたさまざまな金融商品の登場によって選択肢も増えている状況です。いまや資産は効果的に運用してはじめて役立てることができる、といってもよい時代になっているのです。

 

ただ、収入が年金のみの状況で安易に資産運用を行うと老後の蓄えを一気に失ってしまう恐れがあります。そのためリスクを最小限に、安定運用を第一に考えて行っていくことが求められます。

 

投資ファンドへの出資、あるいはリスクヘッジのための分散投資など、巧みな運営が必要となるでしょう。資産を守りながら増やす。退職金を有効に活用したいものです。


退職金の資産運用に関する注意関連ページ

証券・FXによる資産運用の収入目安
定年後の仕事探しをしましょう
証券・FXによる資産運用の始め方
証券やFXで資産運用をする際に大切なのはリターンとリスクを考えて、業者をしっかり選ぶことです。信託にするのか自己管理するのか、しっかり考えてから行動しましょう。
証券・FXによる資産運用のメリット
定年後の仕事探しをしましょう
証券・FXによる資産運用のデメリット
高齢者の資産運用はリスクが高すぎるものは避けましょう。FXや証券は銀行の担当員の口車に乗って楽にかけげるようなものではありません。まずは情報収集が大切ですよ!

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義