ショップ経営でどれくらい稼げるか?

飲食店・ショップ経営でいくら稼げる?

定年後に長年の念願だった飲食店・ショップ経営を始める人も多いようです。そのほとんどが楽しみのため、充実した老後の生活を送るためといった目的がメインで、利益はあまり考えていないことが多いようです。ただ、収入の手段として始める以上、いくら稼げるかも重要なポイント。

 

始める際には少なからぬ資金が必要となりますし、貯蓄や退職金を切り崩して始めることも多いわけですから、収入の見通しもしっかりと持っておきたいところ。

 

では飲食店・ショップ経営を行っている人はどの程度の収入を得ているのでしょうか。これには具体的なデータもあります。

 

日経レストランが行ったアンケート調査によると平均年収は627万円

 

サラリーマンの平均年収が410万円程度、東証一部上場企業の社員でも600万円程度と考えるとかなり高い数字となっています。

 

これだけを見れば「稼げる仕事」で、老後の選択肢としてかなり魅力的に見えます。

 

ただ、忘れてはならないのは赤字のリスクもある点。サラリーマンのように働けば確実に収入を得られるわけではありません。

 

実際、同じ日経レストランの調査では経営が赤字になっている店の経営者の年収と黒字の店の経営者のそれでは倍ぐらいの違いがあることが判明しています。

 

赤字のオーナーが422万円、黒字が861万円。これは当然といえば当然ですが、忘れてはならないポイントとなるでしょう。

 

また、開業時にかかった費用を回収する必要もありますから、サラリーマンよりも収入が多くて当たり前、設備投資や店舗の改装などにもお金がかかる点も覚えておきたいところです。


飲食店・ショップ経営の収入目安関連ページ

飲食店・ショップ経営の始め方
飲食店やショップ経営を定年後に始めるにあたり、注意点を述べておきます。初期投資回収までの見積もりをきちんとしてからスタートしましょう!
飲食店・ショップ経営のメリット
衣食住にかかわる仕事は需要がなるなることはありません。大きく稼ごうとせずに固定ファンを作る努力をしていけば、人気店ができあがりますよ。
飲食店・ショップ経営のデメリット
定年後に飲食店を経営するリスクは初期投資です。退職金だけでは良いスタッフが雇えませんし、料理のスキルや知識を併せ持つことは必須。しっかり勉強しましょう

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義