定年後に経営をする

飲食店・ショップ開業の確認事項

飲食店・ショップ経営を始めるのは簡単なことではありません。脱サラして始める人、あるいは定年退職を気に始める人なども見受けられますが、始める際にはあらかじめ入念な準備が欠かせません。

 

店舗経営の始め方には大きく2つのポイントがあります。まず最低限必要な準備。たとえば飲食店の場合には食品衛生責任者になる必要があります。それから各種手続き。

 

保健所に食品営業許可申請、消防署に防火管理者選任届、防火対象設備使用開始届、警察署に風俗営業許可申請など、さまざまな手続きが必要になります。

 

店舗の種類によって必要な手続きが異なってくるので事前にしっかり確認しておきましょう。

 

また、備品やスタッフの確保なども忘れてはならないポイントです。

 

もうひとつのポイントは利益を出すための準備。ただ店をオープンしただけで客が集まり、利益を上げられるほど甘くはありません。また、開業にかかった初期投資を回収するのも必須条件。

 

そのためにはマーケティングの手法もあらかじめ確認しておくことが求められます。いまやどんな業種でもインターネットによるマーケティングは不可欠。パソコンのスキルなどもポイントとなるでしょう。

 

定年退職後に店舗経営を始める場合にはまずこうした始め方を踏まえ、単に趣味や楽しみだけではなく利益を上げられるような環境を整えることがまず第一段階となります。

 

夢と理想だけでやっていけるほど甘いものではない、ということだけは忘れないようにしたいものです。


飲食店・ショップ経営の始め方関連ページ

飲食店・ショップ経営の収入目安
飲食店やショップの収入目安は600万円程度です。赤字と黒字の分かれ目は400万越えからです。初期投資がかかるので、慎重な判断力が必要
飲食店・ショップ経営のメリット
衣食住にかかわる仕事は需要がなるなることはありません。大きく稼ごうとせずに固定ファンを作る努力をしていけば、人気店ができあがりますよ。
飲食店・ショップ経営のデメリット
定年後に飲食店を経営するリスクは初期投資です。退職金だけでは良いスタッフが雇えませんし、料理のスキルや知識を併せ持つことは必須。しっかり勉強しましょう

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義