シルババー派遣で稼ぐ

シルバー派遣ってどんな仕事?

定年退職した後も働き続けたい、そんな願望を持っている人は多いでしょう。しかし働きたくても働き口がなかなか見つからないというのが実情です。

 

また、体力的な不安などもあり、長期間続ける就業環境に不安を覚える人も多いでしょう。

 

自分の都合のよい期間に働く充実感を得ることができる。そんな贅沢な望みを叶えてくれるのがシルバー派遣です。

 

派遣と言えば派遣切りに代表されるようにマイナスイメージが強い面もあります。

 

しかしシルバー世代にとってはそのマイナス面がネックにならず、むしろ都合に合わせて仕事を選び、働くことができるプラス面が大きなメリットになります。

 

ではシルバー派遣ではどのような仕事が用意されているのでしょうか。具体的な内容を見てみましょう。

 

よく見られるものではビルやアパート、マンションの管理やスポーツ・娯楽施設の管理。あるいは販売員や配達、集金、営業、さらに除草、草刈、清掃業、商品の包装・梱包など、じつにさまざまな分野にわたっています。

 

ポイントとなるのは現役時代に培ってきたスキルやキャリアを活かせるものが見られる点。

 

たとえば翻訳・通訳は英語能力を活かす絶好の機会。ほかにも同じ高齢者を対象としたパソコン教室などもあります。営業や事務の仕事などもサラリーマン時代のスキルをそのまま活かせる職といえるでしょう。

 

いつまでも元気で、社会と関わりを持ちながら老後を暮らしたい。そんな人の願いを叶えてくれる制度となってくれそうです。


文部省,シルバー派遣,種類,応募

教職免許を持っている方は定年後にもう一度シニアボランディアとして働くことが可能です。文部科学省では在外教育施設シニア派遣教員プログラムを扱っており、小学校・中学校のサポートに数年従事することが可能です。

 

他にも公民館や市役所・国立幼稚園などの募集もあり、すそ野は広がっているのですが、一方で教育はかなり体力が必要な仕事。子供相手のサポートをしているうちに健康を壊す人も増えているので注意が必要です。

 

また、海外の教育機関で働くシルバー派遣という道もあり、専門的技術を持っている人はJAICAの技術者としてアジア・アフリカ・ヨーロッパで専門的な指導者として働く道も残されています。

 

ちなみに条件としては実務経験が10年以上。海外派遣は語学が要求されるのは当然です。

 

詳しくはコチラ!:http://www.jica.go.jp/volunteer/application/senior/

 

国際系の派遣業務は人気の仕事ですがやりがいはあると思います。折角のキャリアを無駄にしたくない方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

 

続きを読む≫ 2013/07/17 08:36:17

定年退職後の高齢者に仕事を斡旋するシルバー派遣。まだまだ働きたいというシルバー世代のニーズに応えるサービスとして注目を集めています。

 

仕事一筋に生きてきた人にとっては働くことこそ生きがい。高齢になっても働き続けられる環境を得られるこのシステムは今後高齢化社会の進行に合わせてますます必要とされていくことでしょう。

 

しかし、いいところばかり見ているだけではいけません。高齢者といえども仕事を巡るトラブルに見舞われることはよくあります。長年社会人として勤めてきた人ならそれぐらいのことは承知の上でしょう。

 

ではシルバー派遣だからこそ生じる問題点、デメリットにはどのようなものが考えられるのでしょうか。

 

まずは労働災害。健康面の不安が多かれ少なかれ付きまとうだけにもっとも注意が必要なポイントです。たとえば通勤途中に事故にあう、あるいは職場の環境が劣悪で体調を崩してしまう。さらには契約内容には記されていない危険な仕事をやらされて事故にあうなど。

 

こうしたケースでは責任問題が曖昧になってしまうことが多いので注意が必要です。それから派遣先の業者が悪質だったケース。

 

一方的に契約を解除する「派遣切り」はもちろんのこと、先に挙げた危険な業務をさせたり、サービス残業を強いるといったケースも見受けられます。

 

逆に高齢者自身の問題でトラブルが発生することもあります。仕事をはじめてみたはいいものの、「やっぱり自分には合わない」と一方的に辞めてしまったり、派遣先の社員とトラブルを起こしたり。年齢的なもので融通が利かなかったり、プライドが高い場合によく起こるケースです。

 

こうした点に注意しつつ、派遣が自分に向いているのかどうかを確認しておくことも必要かもしれません。

続きを読む≫ 2013/05/24 23:48:24

シルバー派遣を利用すれば中高年、とくに定年退職後の世代でも仕事を探すことができます。

 

派遣というと「派遣切り」のように不安定な雇用環境がイメージされますが、シルバー世代の場合は時間の都合をつけることができる、さまざまな職種の仕事を選ぶことができるといった派遣ならではのメリットの方を多く得ることができます。

 

では他にもどのようなメリットが期待できるのか見てみましょう。

 

まず職種の数が多い。通常のアルバイト情報誌や求人サイトで仕事を探す場合、高齢者でも応募可能な業種はどうしても限られてきます。

 

しかしこちらでは幅広い業種が用意されています。

 

単純作業だけでなく、これまでのキャリアを活かすことができるような仕事もあるため、やりがいを持って働くことも可能でしょう。

 

それから地域密着を重視して派遣業務を行っているところが多い点。

 

地元の福祉サービスと連携したうえで仕事を斡旋するケースも多く、地元の人と交流を図ったり、地域貢献に役立つ仕事を斡旋されるなど、自分が世の中の役に立っているとの満足感を味わえる点も大きな魅力と言えます。

 

あとは就業支援を受けられること。

 

シニア向けの技術講習会や就職相談会などが開催されており、新たに仕事に就こうと思っている高齢者が学ぶ機会を得ることができます。

 

これまでのキャリア・スキルを活かした仕事だけでなく、まったく未知の分野にチャレンジする楽しみも得られるわけです。

 

こうした魅力を十分に活かし、毎日が充実した生活を送る。これこそシルバー世代が派遣に求める理想的な環境といえるのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2013/05/24 23:47:24

高齢者の就職が現代社会におけるひとつのテーマとなっています。元気な高齢者をいかに社会で活用するか、また高齢者が活躍する場所を用意し、生きがいを提供できるか?

 

少子高齢化が本格化した社会において重要なポイントとなっています。

 

ただ、当然60歳を過ぎると働き口が一気に少なくなります。働く意思があってもどうやって探せばよいのかわからない、という人も多いでしょう

 

。これまで培ってきたスキルや健康状態に見合った仕事を見つけるためには探し方の工夫が必要です。

 

まずはハローワーク。現代社会では若い世代の就職支援を行っているイメージが強くなっていますが、高齢者の就職支援も積極的に行っています。求人の数の多さではここが1番の選択肢となるでしょう。

 

もうひとつはシルバー派遣。

 

高齢者のみを対象とした派遣を行っている業者です。派遣形態をとるため、さまざまな職種から本人が好きなものを選ぶことができる、時間や健康状態の都合に合わせて働くことができるといったメリットがあります。

 

この派遣でもっとも有名なのがシルバー人材センター

 

全国各地に拠点を設け、高齢者を対象とした仕事の提供を行っています。仕事の数も業種も多いため、幅広い選択肢の中から選ぶことができるでしょう。

 

他にも一般の人材派遣会社でもシルバー派遣を行っているところがあります。

 

たとえばパソナではシニア登録者派遣事業を行っていますし、ソフトパワーもシニア派遣を積極的に行っています
こうしたところをうまく利用し、理想の仕事を探してみるとよいのではないでしょうか?

続きを読む≫ 2013/05/24 23:46:24

定年退職後も働きたい、そんな人たちの願いに応える形で注目を集めているのがシルバー派遣。体はまだまだ動く、働く意思も十分。そんな人たちに対しさまざまな仕事を提供しています。

 

一方、派遣といえば「稼げない」とのイメージがあります。正社員と同じような仕事を求められながらも待遇に大きな差がある、あるいは派遣会社に中間マージンを持っていかれてしまう、など。

 

ではシルバー派遣の場合はどの程度の収入を期待できるのでしょうか?

 

もちろん、仕事内容によって稼げる金額は異なってきます。難しい仕事、きつい仕事、専門的なスキルが求められる仕事であればあるほど稼げる金額が高くなるのは当然でしょう。

 

ただ、シルバー世代の派遣ではそれほど専門性が求められたり、肉体的な苦痛を強いられる仕事はないため、だいたいの目安を知ることができます。

 

平均収入に関してはシルバー人材センターによるデータがあります。これによると全国平均で月8〜10日間働いて3万〜5万円

 

高いと見るか低いと見るかはひとそれぞれでしょう。派遣ですから、就業日数や稼ぎの保障は得られませんが、その分就業日数は緩やかで無理なく働いていくことができます。

 

なお、シルバー人材センターの場合は報酬を「配分金」と呼んでいます。3万〜5万でも馬鹿にならない生活費の足しになりますし、何よりも働く喜び、満足感を得続けることができます。

 

定年退職後の選択肢として検討してみる価値は十分にあるのではないでしょうか。

 

どんな仕事があるのか、自分に適した仕事があるのか、探してみるとよいかもしれません。

続きを読む≫ 2013/05/24 23:46:24

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義