文部省のシルバー派遣

定年後に教育者として働く道もある

文部省,シルバー派遣,種類,応募

教職免許を持っている方は定年後にもう一度シニアボランディアとして働くことが可能です。文部科学省では在外教育施設シニア派遣教員プログラムを扱っており、小学校・中学校のサポートに数年従事することが可能です。

 

他にも公民館や市役所・国立幼稚園などの募集もあり、すそ野は広がっているのですが、一方で教育はかなり体力が必要な仕事。子供相手のサポートをしているうちに健康を壊す人も増えているので注意が必要です。

 

また、海外の教育機関で働くシルバー派遣という道もあり、専門的技術を持っている人はJAICAの技術者としてアジア・アフリカ・ヨーロッパで専門的な指導者として働く道も残されています。

 

ちなみに条件としては実務経験が10年以上。海外派遣は語学が要求されるのは当然です。

 

詳しくはコチラ!:http://www.jica.go.jp/volunteer/application/senior/

 

国際系の派遣業務は人気の仕事ですがやりがいはあると思います。折角のキャリアを無駄にしたくない方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

 


文部省のシルバー派遣で教育者へ!関連ページ

シルバー派遣の探し方
高齢者の就職支援であるシルバー派遣サイト,人材派遣センター,ハローワークに「シニア登録」しておけば、条件にあった仕事がまわってきます。
シルバー派遣の収入目安
実際にシルバー派遣でどれくらい稼げるのか?平均時給と給料を紹介して行きます。「分配金」と呼ばれるシルバー人材センターの平均手取り額は3万〜が一般的ですよ
シルバー派遣のメリット
本格的な正社員と違い、地元密着で社会福祉的な役割が期待できるのがシルバー派遣です。趣味を活かして、また社会経験を活かして地域に貢献する生き方は素敵ですね!
シルバー派遣のデメリット
シルバー派遣のデメリットとしては、肉体労働系に多い労災です。そのた派遣切り問題も起こる可能性だって十分ありましす。プライドの高い若者と仕事ができないと悩む人も。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義