シルバー派遣の探し方

シルバー派遣の探し方は?

高齢者の就職が現代社会におけるひとつのテーマとなっています。元気な高齢者をいかに社会で活用するか、また高齢者が活躍する場所を用意し、生きがいを提供できるか?

 

少子高齢化が本格化した社会において重要なポイントとなっています。

 

ただ、当然60歳を過ぎると働き口が一気に少なくなります。働く意思があってもどうやって探せばよいのかわからない、という人も多いでしょう

 

。これまで培ってきたスキルや健康状態に見合った仕事を見つけるためには探し方の工夫が必要です。

 

まずはハローワーク。現代社会では若い世代の就職支援を行っているイメージが強くなっていますが、高齢者の就職支援も積極的に行っています。求人の数の多さではここが1番の選択肢となるでしょう。

 

もうひとつはシルバー派遣。

 

高齢者のみを対象とした派遣を行っている業者です。派遣形態をとるため、さまざまな職種から本人が好きなものを選ぶことができる、時間や健康状態の都合に合わせて働くことができるといったメリットがあります。

 

この派遣でもっとも有名なのがシルバー人材センター

 

全国各地に拠点を設け、高齢者を対象とした仕事の提供を行っています。仕事の数も業種も多いため、幅広い選択肢の中から選ぶことができるでしょう。

 

他にも一般の人材派遣会社でもシルバー派遣を行っているところがあります。

 

たとえばパソナではシニア登録者派遣事業を行っていますし、ソフトパワーもシニア派遣を積極的に行っています
こうしたところをうまく利用し、理想の仕事を探してみるとよいのではないでしょうか?


シルバー派遣の探し方関連ページ

シルバー派遣の収入目安
実際にシルバー派遣でどれくらい稼げるのか?平均時給と給料を紹介して行きます。「分配金」と呼ばれるシルバー人材センターの平均手取り額は3万〜が一般的ですよ
シルバー派遣のメリット
本格的な正社員と違い、地元密着で社会福祉的な役割が期待できるのがシルバー派遣です。趣味を活かして、また社会経験を活かして地域に貢献する生き方は素敵ですね!
シルバー派遣のデメリット
シルバー派遣のデメリットとしては、肉体労働系に多い労災です。そのた派遣切り問題も起こる可能性だって十分ありましす。プライドの高い若者と仕事ができないと悩む人も。
文部省のシルバー派遣で教育者へ!
文部省のシルバー派遣なら日本人学校,補習塾などの管理職として再就職することが可能です。定年後に自分の経験を子供に伝える仕事って素敵ですよね!

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義