ボランティア,デメリット,

定年後の生きがい探しの選択肢として注目を集めているボランティア。とくに東日本大震災以降に始める人が増えています。

 

人の助けになることで自分が幸せになれる。高齢者の生き方として理想的なようにも見えます。

 

ただし、ボランティア活動を始める際にはいくつか注意すべき点があります。デメリットといってもよいでしょうか。とくに定年後に行う場合には注意が必要です。

 

まず体力面。

 

とくに体の負担が大きいハードな活動を行うわけではないにしろ、健康と体力の問題はあらかじめよく考えておきましょう。アルバイトのように体調が悪くなったら辞める、休む、というわけにはいかない面もあります

 

スタッフ全員が善意で行っているわけですから、周りに迷惑をかけるわけにはいきません。

 

もちろん、自分がやりたいとき、好きな時にやる、といった自己中心的な姿勢は問題外。ある意味融通が利かない面があることも覚えておきましょう。

 

もうひとつはあくまで団体活動だという点。協調性が何よりも重要です。高齢になると自分のやり方に固執してなかなか周りに合わせるのが難しくなってきます

 

とくに現役時代に高いポストに就いていた人にその傾向が見られます。

 

あくまで初心者、周りに合わせて協力して行っていく姿勢を忘れてはならないでしょう。始める前に思い描いていたイメージと現実とのギャップに辞めてしまうケースも多いのです。

 

こうした点も踏まえ、自分が適応できるかどうかもよく考えておく必要がありそうです。少なくとも、「生きがい探し」のために始める、といった甘い考えだけで勤まるものではないことだけは間違いないでしょう。

続きを読む≫ 2013/05/24 23:58:24

ボランティア,メリット,老後,定年後

定年を機にボランティアを始める人も増えていますが、それによってどのようなメリットを得ることができるのでしょうか。

 

基本的には無報酬の奉仕活動。お金を度外視したうえでどんな魅力があるのでしょうか。

 

高齢者にとって1番の魅力となるのが「生きがい探し」。

 

仕事を退職し、心に大きな穴がポッカリ空いてしまったような状況を埋め合わせることができます。世の中の役に立ち、感謝される、あるいは充実感を味わう。

 

これは仕事では決して味わうことができない新たな喜び、感動です。

 

また、社会とのつながりを持ち続けることができる点も重要です。

 

高齢者の孤立化が大きな問題となっています。地域密着型の活動なら地元の人たちと直に接し、また子供や若者など異なる世代とも関わる機会を持つことができます。

 

それによって心身ともに若々しさを維持する環境が得られるはずです。

 

生きがいとも関わってきますが、第二の人生における新たな目標を持つこともできます。たとえば海外で活躍したい、そのために語学力など必要なスキルを身につけたい。

 

そんな意欲が毎日の生活をより充実させ、張りのあるものにしてくれるはずです。

 

最初はゴミ拾いなど簡単なものからはじめ、少しずつ自分のやりたい活動を目指していく。若い頃とはまた違った情熱を持つことができるはずです。

 

こうしたメリットをどれだけ味わうことができるか。これが長続きするうえでの最大のポイントとなるでしょう。

 

ただ漠然とやろうとするのではなく、こうした魅力を味わえる環境を自分で用意することも忘れないようにしたいものです。

続きを読む≫ 2013/05/24 23:58:24

定年後,ボランティア,始め方

ボランティアに興味を持っている人は多いと思います。とくに定年後の高齢者の中には生きがい探し、充実した時間を過ごすための選択肢として興味を持っているケースが見られます。

 

ただ、興味もやる気もあるにも関わらずきっかけが得られずに始められずにいる人も多いようです。

 

ではボランティアはどのように始めればよいのでしょうか。始め方はいくつかありますが、1番簡単なのは活動団体に所属することでしょう。インターネットで探せばNPO団体をはじめ、さまざまな活動団体を見つけることができます。

 

その中から選ぶわけですが、ポイントとしてはまず活動内容を見極めること。

 

地域密着型から国際貢献までさまざまな種類がありますから、その中から自分に合ったものを選ぶことになります。

 

それからエリア。地元、もしくは通いやすいところを選ぶのが第一。高齢者の場合はなおのことです。

 

もうひとつ、自治体を通じて始める方法もあります。自治体が直接行政サービスなどでスタッフを募集していることもありますし、活動団体の紹介、募集情報の提供を行っていることもあります。

 

自治体を通じてならより安心して選ぶことができるのではないでしょうか。

 

理想を高く掲げるもよいですが、最初は手軽に、誰にでもできる活動を選ぶのも大事なポイントです。

 

ゴミ拾いや自転車整理など。身近なところから世の中の役に立つ喜びを得ていくことで醍醐味を味わっていくことができるでしょう。セカンドライフの目標として少しずつ活動内容をステップアップさせていくのも面白そうです。

続きを読む≫ 2013/05/24 23:57:24

定年,ボランティア,収入,平均

ボランティアとは本来「無償活動」のことです。つまり報酬・収入を得ずにさまざまな奉仕活動を行うことを言います。ただ、純粋な奉仕精神や厚意だけではなりたたない部分も多く、活動を行うため、人員を確保するため、報酬を支払うケースも増えています。

 

このような報酬を受け取る形を有償ボランティアと言います。活動規模の拡大によってこうしたケースが増えている状況です。

 

では、こうしたケースではどの程度の収入を得ることができるのでしょうか。報酬を得ているとはいえ、仕事とは異なるため、平均的な数字を出すのは困難です。

 

時給や給料のように目安といったものもありません。ですから団体ごとにどの程度の報酬が支払われているかをひとつひとつ確認しておく必要があります。

 

そのうえで実際にどの程度が支払われているのかを見てみましょう。一般的に多く見られるのが1日2000〜3000円程度

 

1日の活動時間によっても多少の違いは見られます。これとは別に交通費、弁当代がそれぞれ500円程度出されることも多いようです。

 

また、講師や事務手伝いといった専門的な業務を担当する場合にはもう少し高く、5000円〜8000円程度支払われることが多いようです。この辺はやはり団体によって差が出てきます。

 

こうしてみるとフルタイムの仕事としては低いものの、定年退職後の生きがい探しの手段としてはなかなかよい収入環境と言えそうです。

 

お金目当てで活動するのはお勧めしませんが、所属先を選ぶ際の参考にしてみるとよいのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2013/05/24 23:57:24

定年後,ボランティア,オススメ,種類

定年後にボランティア活動を始める人も増えています。セカンドライフの選択肢として、生きがい探しの一環として行う人が多いのです。

 

現役時代はお金を稼ぐため、家族を養うために働いてきた人が、退職後は世の中の役に立つことで生きがいを見出し、喜びと充足感を味わう機会を得るわけです。

 

では定年後にできるボランティア活動にはどのような種類があるのでしょうか。高齢者にもできる、というよりも高齢者こそが求められる活動がたくさんあります。

 

その代表的なものが地域振興のための活動。村おこし、街づくり、あるいは観光ビジネスの振興のため。

 

たとえば観光案内やインストラクターなどの役割が求められています。語学力がある人なら通訳・翻訳の仕事に引っ張りだこになることでしょう。

 

また動物園や水族館など娯楽施設における案内役などの仕事もあります。こちらは子供と接する機会が多いので人気があります。

 

地域の人たちと直接触れ合う活動もあります。

 

図書館での読み聞かせなどのイベント、自治体が開催するイベント、さらには医療・福祉サービスに関わる活動などに高齢者が求められています。

 

利用者の案内だけでなく相談業務など、人生経験豊かな高齢者だからこそできる役割も期待されています。

 

他にも芸術・文化の振興、それを通じた社会教育に関わる活動もあります。

 

こちらも子供や若い世代と接することが多い活動だけにやりがいを感じることができるでしょう。

 

こうして大まかなところを見ただけでもさまざまな役割が求められていることがわかります。必要とされる喜びを味わってみてはいかがでしょうか。

続きを読む≫ 2013/05/24 23:56:24

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義