ボランティアの平均収入額

ボランティアでいくら稼げる?

定年,ボランティア,収入,平均

ボランティアとは本来「無償活動」のことです。つまり報酬・収入を得ずにさまざまな奉仕活動を行うことを言います。ただ、純粋な奉仕精神や厚意だけではなりたたない部分も多く、活動を行うため、人員を確保するため、報酬を支払うケースも増えています。

 

このような報酬を受け取る形を有償ボランティアと言います。活動規模の拡大によってこうしたケースが増えている状況です。

 

では、こうしたケースではどの程度の収入を得ることができるのでしょうか。報酬を得ているとはいえ、仕事とは異なるため、平均的な数字を出すのは困難です。

 

時給や給料のように目安といったものもありません。ですから団体ごとにどの程度の報酬が支払われているかをひとつひとつ確認しておく必要があります。

 

そのうえで実際にどの程度が支払われているのかを見てみましょう。一般的に多く見られるのが1日2000〜3000円程度

 

1日の活動時間によっても多少の違いは見られます。これとは別に交通費、弁当代がそれぞれ500円程度出されることも多いようです。

 

また、講師や事務手伝いといった専門的な業務を担当する場合にはもう少し高く、5000円〜8000円程度支払われることが多いようです。この辺はやはり団体によって差が出てきます。

 

こうしてみるとフルタイムの仕事としては低いものの、定年退職後の生きがい探しの手段としてはなかなかよい収入環境と言えそうです。

 

お金目当てで活動するのはお勧めしませんが、所属先を選ぶ際の参考にしてみるとよいのではないでしょうか。


ボランティアの収入目安関連ページ

ボランティアの仕事内容
定年後にできるボランティア活動を紹介して行きます。地域貢献できる観光ビジネス,村おこし,町おこしのイベント系,通訳,翻訳,案内業など探せばけっこうあるものです
ボランティアの始め方
NGO,NPOに申し込みをするほかに、地方自治体や業際サービスが老後ボランティアの受付先になっています。国際系,地域密着系などよく比較検討していきましょう
ボランティアのメリット
老人の孤立化を対策としてボランティア活動が注目されています!地域密着で繋がりを作れば相互扶助ができると思います
ボランティアのデメリットは?
ボランティアのトラブルで多いのが,仲間同士の喧嘩です。全ての人が同じような善意の気持ち、高いモチベーションで参加しているわけではないのです

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義