60代に人気の資格講座を紹介します

定年後に再就職を目指すうえでは現役時代にどのようなスキルを得てきたのか、キャリアを積んできたかが重要になってきます。

 

年齢的な問題もあり、まったくの初心者から採用されることは難しいでしょう。

 

また、やりがいのある仕事を探す場合にはとくにこの点が重要になります。そんなスキルやキャリアを証明する手段となるのが資格です。

 

実際、通信講座では高齢者の受講が増えている状況です。

 

あるアンケートではサラリーマンに対して定年退職後に取得したい資格としてトップがマンション管理士、2位が英語検定、3位がファイナンシャルプランナーとの結果が出ています。

 

おすすめとしては英語能力を問うもの。英語検定もそうですが、就職の際に役立つのはTOEICです。

 

とくに現代のビジネスでは英語能力が重要になってきており、年齢のハンデを払拭する武器となってくれるでしょう。また、企業だけでなく、地元の自治体や観光地での通訳・翻訳の仕事などでも役立ってくれます。

 

それから宅建

 

こちらも需要が多く、また年齢を問わず取得を目指すことができるものです。他には中小企業診断士、電気工事士なども人気です。やはり就職に役立つものを目指す人が多いのでしょう。

 

定年後に取得を目指す場合、勉強そのものが生きがいややりがいをもたらしてくれる面があります。時間もたっぷりありますし、楽しみながら学んでいくとよいのではないでしょうか。スクールに通えば友人や仲間と出会い、社会との接点を持つ機会にもなってくれるでしょう。


定年後,通信教育

セカンドライフの充実は定年後の重要なテーマです。楽しめる趣味や生きがいを見つけなければ時間を持てあまして1日中テレビを見て過ごすようになってしまったり、めっきり老け込んでしまう恐れがあります。

 

そんな生きがい探しの選択肢としておすすめなのが通信教育。

 

これまで興味を持ちながらも仕事に追われてできなかったこと、あるいは新たにはじめたいと思っていることを一から学ぶよい機会となってくれます。

 

生涯学習が叫ばれている現在、この選択肢をいかにうまく活用するかが重要なテーマになるといってもよいでしょう。

 

定年後の通信教育の学び方には大きく2つの種類があります。

 

ひとつは資格取得のための講座を利用すること。ネットで探せばいろいろな業者を見つけることができるでしょう。具体的に取得を目指したい資格がある場合に適した選択肢です。

 

もうひとつは教養を身につけるための教育機関を利用すること。

 

たとえば通信制大学。大学の教育課程を通信で受けることができます。歴史や文学など教養を身につけるための高度な授業を自宅で学ぶことができるわけです。

 

サラリーマンの場合、仕事一筋で仕事以外の教養などを身につける機会がなかなかないもの。

 

退職後はひとりの大人として、相応しい教養を身につけてみるのもよいのではないでしょうか。

 

カリキュラムをこなすことで単位を取得できたり、サークル活動などにも参加することができます。

 

老後だからこそ自分磨きを目指す。素敵な過ごし方ではないでしょうか。

続きを読む≫ 2013/06/24 14:10:24

定年後,再就職,資格,オススメ

おそらく大半のサラリーマンが定年後に再就職を望んでいることでしょう。

 

せめて年金の支給が開始される65歳まで、できればさらに後まで働き続けたい、収入を得るためだけでなく、充実した生活を送る上でもそう望む人が多いものです。では定年後に再就職するために役立つ資格にはどのようなものがあるのでしょうか。一覧にしてみましょう。

 

ファイナンシャルプランナー、英語検定、福祉住環境コーディネーター、グリーンアドバイザー、消費生活アドバイザー、パソコン検定、医療事務、マイクロソフトオフィススペシャリスト、サプリメントアドバイザー。

 

 

聞きなじみがあるものもあればはじめて聞くものもあるでしょう。共通する特徴としては定年退職後から勉強をはじめても取得が十分可能なこと、また地域社会に直接関わる仕事が多いこと。とくに医療事務は需要も多く、おすすめの選択肢となるでしょう。

 

消費生活アドバイザーやパソコン検定、福祉住環境アドバイザーなどは自治体などからの求人もあります。講師などの形で雇われることも多く、収入を得るだけでなく地域への貢献、地元住民との交流の手段としても役立ってくれるはずです。

 

ファイナンシャルプランナーは今後需要の増加が見込まれていますし、英語検定は幅広い業種、分野で役立てることができるはず。

 

マイクロソフトオフィススペシャリストは退職後ではなく現役の間に取得しておきたい資格でもあります。

 

 

元気な間は働き続けたい、そんな願望を叶えてくれるかもしれないこれらの選択肢。自分に向いているものを探してみましょう。

続きを読む≫ 2013/06/24 14:05:24

退職後,独立,資格,オススメ

定年後に独立開業したい、多くのサラリーマンが抱く希望(願望)です。サラリーマンとして「使われる」環境で過ごしたため、退職後は一国一城の主、自分の力で仕事を切り開いていきたいと思うのでしょう。

 

ただ、開業といってもそんな簡単にできるものではありません。ショップ経営が一番の近道でしょうが、いきなりはじめて成功する例はごくわずかです。

 

そんな独立開業に役立つのが資格。では具体的に役立つ資格を見ていきましょう。

 

ポイントはできるだけ取得に現実味があること。

 

弁護士や公認会計士は確かに開業に役立ちますが、取得が現実的ではありません。

 

退職後に勉強を始めても取得が可能なことが大前提となります。

 

代表格としては宅地建物取引主任者や中小企業診断士。

 

とくに後者は現役の間に取得する人が多く、注目を集めています。それから社会保険労務士。これらは社会の動向に関係なく安定した需要が確保されている点で大きなメリットがあります。

 

もっとも身近な仕事をやりたい、という人には調理師があります。

 

飲食店経営には必須といってもよいでしょう。

 

またあまり知られていないところではクリーニング師、はり師・きゅう師といった選択肢もあります。これらの選択肢なら取得の難易度もほどほどで店を持つ夢を実現できるでしょう。

 

やや難易度が高くなると弁理士や行政書士なども一覧に加えることができるでしょう。自分のこれまでのキャリアも踏まえたうえで取得しやすく、開業してやっていけそうなものを選ぶとよいのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2013/06/24 14:04:24

定年後,趣味,資格

定年後に資格の取得を目指す場合、2通りの選択肢が考えられます。ひとつは再就職・再雇用に役立つものを選ぶ方法。人気のマンション管理士やファイナンシャルプランナーなどがこのタイプに含まれるでしょう。

 

もうひとつが趣味を楽しむものを選ぶ方法。老後の生活を充実させたい場合、じつはこちらの方がおすすめです。

 

就職に有利な資格を取得すれば定年退職後も収入を得ることができると考えている人も多いでしょう。しかし実際にはそれほど現実はあまくありません。

 

いろいろと取得したにも関わらず仕事が見つからない、というケースが多いのです。いくら専門的な知識を持っているとはいえ、同じ条件なら若い方を選ぶ企業のほうが圧倒的に多いのです。ならば、純粋に楽しむために勉強し、身につけた知識を日々の生活に活かしたほうがよいとも言えます。

 

では具体的に趣味のために役立てられる選択肢にはどのようなものがあるのでしょうか。まず食生活アドバイザー。その名の通り食生活に関する知識を有したものです。

 

高齢者はとくに食生活の充実が求められますから、実用としても役立ちます。それからアロマテラピー検定。女性におすすめです。それから英語検定やTOEIC。

 

就職にも役立ちますが、むしろ楽しみのため、生涯学習のために目指すとより楽しみが増すはずです。ほかにもハーブコーディネーター、グリーンアドバイザー、きものコンサルタント、中国語検定など。折り紙講師なんてものもあります。

 

同じ趣味を持つ友人同士で取得を目指したり、一緒に勉強したり。実用から離れているからこその楽しみを味わうことができるはず。こうした選択肢も考慮に入れてみてはいかがでしょうか。

続きを読む≫ 2013/06/24 14:03:24

定年後,資格,注意点

定年後の生きがい探しとして資格取得を目指している人も多いでしょう。具体的に取得したいものがある人だけでなく、これから何を目指そうか考えている人もいることと思います。

 

ただ、目指す場合にはいくつかの注意点があります。

 

現在、国内だけでも1000種類を越える選択肢があります。民間団体が認定しているものが非常に多く、似たようなジャンル、名称でも複数の選択肢が用意されているケースも珍しくありません

 

その膨大かつ複雑な選択肢の中から適切なものを選ばなければならないのです。

 

「適切なもの」とはまず「役立つ資格」のこと。

 

中には知名度が低く、取得してもほとんどメリットが得られないものもあります。同じジャンルの中でも知名度や難易度によって役立つものとあまり役立たないものの間で大きな差が生じることも少なくありません。

 

注意したいのは難易度とのバランス。

 

取得しやすいものほど役立たないことが多いため、選択の際にはどこまで勉強し、努力する気があるのかが問われます

 

また、取得さえすれば再就職に有利になる、あるいはすぐに仕事先を見つけることができるといった考えを持っている人も多いでしょう。しかしそれほど甘くはありません。

 

よほど難易度の高い、あるいは需要が多いものでもない限り生計を立てる手段にするのは難しいもの。

 

中には独立開業を目指している人もいると思いますが、現実はそれほど甘いものではないことも踏まえておきたいところです。

 

こうした注意点を踏まえたうえで本当に取得したいのか、自分にとって必要なのかを判断しましょう。取得した後の成果を求めず、取得そのものを生きがいとして考えるのもよい方法かも知れません。

続きを読む≫ 2013/06/24 14:02:24

老後,資格,役立つ,オススメ

定年後も働きたいと思っている人は多いもの。ただ年齢の壁にはじき返されて苦戦を強いられるケースが見られます。

 

このハンデを乗り越えて採用を勝ち取るためには企業にアピールできる要素が必要です。その強力な武器となるのが資格。専門的な知識を証明できるものがとくに有効です。

 

退職後には時間もたっぷりあるわけですから、取得のためにじっくりと時間をかけることが可能です。そのため難易度に関わらず再就職・再雇用に役立つものを目指してみてはいかがでしょうか。

 

役立つ資格として挙げられるのがまずファイナンシャルプランナー。

 

お金の問題を中心にライフプラン全般のコンサルタント業務を行います。高齢化社会を迎え、長い老後の生活をどう充実させるか、お金の不安を解消しつつ楽しい日々を送ることができるかが社会全体のテーマとなっている現在、ファイナンシャルプランナーの役割も重くなっています。

 

なお、いくつの団体が認定しているため、どの種類を選ぶか情報収集を行ったうえで判断する必要もあります。

 

それから宅建。こちらは需要の多さが何よりも魅力。何しろ不動産売買の際に必須となります。不動産売買の市場が急速に縮小するようなことは考えられませんから、取得さえすれば仕事選びに大いに役立てることができるでしょう。

 

マンション管理士なども高齢者の間で人気ですが、こちらはまだ需要が少ないのが実情。今回取り上げたものの方が働きやすい選択肢となるでしょう。興味を持った人は具体的な取得方法などを調べてみてはいかがでしょうか。

続きを読む≫ 2013/06/24 14:02:24

定年後,オススメ,資格,年金,保険

定年後に取得すると役立つ資格がいくつかあります。年金と貯蓄だけでは老後の生活費が心もとないと思っている人、あるいはやりがいのある仕事で老後を充実させたいと思っている人の間でこうした資格の取得が注目されています。

 

そんな定年後役立つ資格のひとつに社会保険労務士があります。

 

この資格は労働・社会保険に関するスペシャリストであることを証明する資格です。

 

企業経営の3要素といわれる「ヒト・モノ・カネ」のうちヒトに関わる相談業務をおもに担当します。

 

具体的には人材の採用や年金に関する相談業務、あるいは労働・社会保険に関する相談、アドバイスなど。

 

年金や労働・社会保険に関する問題は今後増えこそすれ減ることは絶対にないでしょう。

 

その意味でも今後の需要増、ひいては就職先の増加・拡大が期待できる資格でもあるのです。頭脳労働ですから高齢者でも問題なく勤めることができる点も魅力です。

 

なお、この資格を取得するためにはまず社会保険労務士試験に合格する必要があります。

 

この試験には受験資格がもうけられており、大学卒業者、もしくは大学において62以上の単位を修得している、あるいは短期大学、高等専門学校を卒業しているなどといった条件があります。

 

資格取得を目指す場合にはこうした受験資格を自分がクリアしているのかどうかを確認しておきましょう。

 

試験では労働法令や社会保障法令など法律に関する専門的な知識が求められます。合格率は10〜14%程度。決して低いハードルではありませんが、それだけに努力しがいのある資格といえるでしょう。

続きを読む≫ 2013/06/24 14:01:24

老後,定年後,宅建

宅建、正式には宅地建物取引責任者。知名度の高く、もっとも受験者が多く、目指す人が多い資格でもあります。

 

この宅地建物取引責任者とは簡単に言えば不動産売買に関して専門的な立場からアドバイスをしたり、公正な取引であるかを判断するといった役割を担う仕事です。

 

より具体的には取引の際、業者の相手方に重要事項説明書を交付し、適切な説明を行うこと、この重要事項説明書が公正なものであることを証明するために記名・押印すること、契約内容記載書類への記名、押印することなどが挙げられます。つ

 

まり、その取引が公正な条件の下で行われたことに対し責任を負う立場となるのです。

 

この宅建は老後の再就職に役立つことでも注目されています。現在の制度では不動産を取り扱う事務所において従業員5人に1人の割合でこの資格の保有者が在籍していることが義務付けられています。

 

「住む」は「食べる」と並んで生きていく上で重要かつ不可欠な要素。そのため不動産業がなくなることはありません。更に宅地建物取引責任者の需要もなくなることはなく、取得することさえできれば確実に生計の手段を得ることができるともいえるのです。

 

高齢がハードルにならない、とまではいいませんが、所持していれば確実に再就職に役立ってくれるでしょう。定年退職後に改めて勉強を始めても取得することは十分可能、新しいキャリアのきっかけを作ってくれるかもしません。取得そのものを老後の生きがい、やりがいにしてみるのもよいのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2013/06/24 14:00:24

定年後,マンション管理,不動産投資

マンション管理士という資格をご存知でしょうか。じつは定年後に取得する資格として非常に人気なのです。通信講座で有名なユーキャンによる「定年後に取得してみたい資格」にアンケートでも堂々の1位。2位が英語検定、3位がファイナンシャルプランナー。この結果を見てもいかに注目を集めているかがわかります。

 

この資格は簡単に言えばマンション管理に必要な知識を提供するためのものです。資産運用の選択肢として不動産経営に注目が集まっているように、マンション経営を目指す人が増えています。

 

何故かというと、業者任せではなく、自分でリスクを引き受けて経営したい人が増えてきていることと、資格持っているだけで、業者に安く買いたたかれる心配がないからです。

 

具体的な仕事内容としてはこれからマンション経営を始める人、あるいはうまくいかずに行き詰まっている人などに対してアドバイスや指導、権利に関する相談などコンサルティング業務を行います。年齢に関係なく仕事を続けられる資格とあって人気が高いのです。

 

なお、この資格を取得するためには試験に合格する必要があります。受験資格の制限はなく、誰でも受験できます。試験は年1回、マンションの基礎知識から管理組合に関する知識などが問われます。

 

ただ、この資格に関して知っておきたい点が2つほどあります。ひとつは難易度。例年の試験の合格率は7〜9%台。誰でも受験できるハードルの低さを考えても決して高いとはいえない数字です。

 

安易な気持ちで受験しても歯が立たないでしょう。もうひとつは需要が少ないこと。いくらマンション経営を目指す人が増えているといってもまだまだ職場が限られています。

 

マンション管理会社に欠員が生じた際などに募集がかけられる程度。高齢ともなると採用に不利になる可能性もあるので注意したいところです。

続きを読む≫ 2013/06/24 14:00:24

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義