年金や保険に関するおすすめ資格

自分の年金や保険は自分で把握しておきましょう!

定年後,オススメ,資格,年金,保険

定年後に取得すると役立つ資格がいくつかあります。年金と貯蓄だけでは老後の生活費が心もとないと思っている人、あるいはやりがいのある仕事で老後を充実させたいと思っている人の間でこうした資格の取得が注目されています。

 

そんな定年後役立つ資格のひとつに社会保険労務士があります。

 

この資格は労働・社会保険に関するスペシャリストであることを証明する資格です。

 

企業経営の3要素といわれる「ヒト・モノ・カネ」のうちヒトに関わる相談業務をおもに担当します。

 

具体的には人材の採用や年金に関する相談業務、あるいは労働・社会保険に関する相談、アドバイスなど。

 

年金や労働・社会保険に関する問題は今後増えこそすれ減ることは絶対にないでしょう。

 

その意味でも今後の需要増、ひいては就職先の増加・拡大が期待できる資格でもあるのです。頭脳労働ですから高齢者でも問題なく勤めることができる点も魅力です。

 

なお、この資格を取得するためにはまず社会保険労務士試験に合格する必要があります。

 

この試験には受験資格がもうけられており、大学卒業者、もしくは大学において62以上の単位を修得している、あるいは短期大学、高等専門学校を卒業しているなどといった条件があります。

 

資格取得を目指す場合にはこうした受験資格を自分がクリアしているのかどうかを確認しておきましょう。

 

試験では労働法令や社会保障法令など法律に関する専門的な知識が求められます。合格率は10〜14%程度。決して低いハードルではありませんが、それだけに努力しがいのある資格といえるでしょう。


社会労務士の具体的な仕事内容とは

定年後,オススメ,資格,年金,保険

厚生年金や社会保険の開始手続き、労災などの申請や会社の労務管理のコンサルティングを行うなど、社会保険労務士の仕事内容は多岐にわたります。

 

会社の総務や人事課で働いてきた経験をお持ちの方であれば、これまでの仕事経験を生かし、社労士として定年後再出発をしたいと考える人も多くいます。

 

社労士は資格を取得すればその後は社労士事務所を開設し生涯現役で仕事が続けられる魅力ある仕事でもあります。

 

社会保険労務士の主な仕事内容は年に一度企業の厚生年金や社会保険、労災保険や雇用保険の保険料を決定する算定手続きに加えて、

 

定年退職に伴う年金の受給手続きのサポート、従業員が業務災害にあった時に労災を申請するなどの事務手続きが中心です。

 

企業規模が大きくなればなるほど社労士の責任は重くなり、その分報酬という形で仕事が評価されます。

 

クライアントを見つけるには、しっかりとしたマーケティング戦略をたてることが大切ですが、定年後に社労士事務所を立ち上げる人の場合、社会で築きあげてきたネットワークを上手に活用することでクライアントを見つけることができます。

 

社労士事務所は自宅の一部をあてがうこともできます。ですから定年後も家にいながら仕事ができ、クライアントが多ければ多いほど安定した収入を得ることができます。

 

また年金に関する講演会や相談会、社会保険加入の手続きの相談など資格を活かしたコンサルタント業務ができるのもこの資格の特徴です。


定年後は社会労務士で保険を守る関連ページ

定年後に役立つ資格を取ろう
年金を活かした投資系の資格は定年後の資格として一押しです!ファイナンシャルプランナーや不動産売買の資格は今から取っておいても損はないと思います!
定年後の通信教育
定年した後にもう一度大学に入りなおして勉強したり、通信で資格をとる人が増えています。人生は一生勉強ですね!
定年後に資格を取る時の注意点
幾ら暇だとは言え、やみくもに資格にチャレンジすると途中で挫折をしてしまいます。ここでは賢い選択法をお伝えしていきます!
定年後に独立するための資格一覧
将来的に独立を考えているならこの資格、ここでは老後使えるオススメの独立系資格を紹介します。退職後は不動産・飲食・保険などに直結するものがオススメです
定年後に再就職するための資格一覧
定年後に再就職や再雇用の希望者は事前に採用に有利な資格をとっておきましょう。フィナンシャルプランナー,グリーンアドバイザー,消費生活アドバイザーや医療・事務検定などは試験も易しく、取りやすい!!
定年後に趣味を楽しむための資格一覧
退職後に趣味を活かして働くための資格を紹介します。着物アドバイザー,ハーブコーディネーター,アロマ講師や折り紙講師まで、実用から離れているからこそ、楽しめるものが沢山ありますよ。
マンション管理士と不動産投資
年金を活かした投資で一番人気のマンション経営。自分で資格も取っていれば、いざ業者と付き合う時にも役立ちます。試験の合格率は10%以下です!勉強は生涯必要ですね!
宅地建物取引責任者(宅建)
将来不動産取引をしていきたいのであれば、宅建は必須の資格とも言えるでしょう。再就職にも有利ですし、何より不動産こそいまの60代が持つ最大の資産!うまく活かして安定した生活をめざしましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義