定年後に独立するための資格

独立を考えているならまずこの資格を!

退職後,独立,資格,オススメ

定年後に独立開業したい、多くのサラリーマンが抱く希望(願望)です。サラリーマンとして「使われる」環境で過ごしたため、退職後は一国一城の主、自分の力で仕事を切り開いていきたいと思うのでしょう。

 

ただ、開業といってもそんな簡単にできるものではありません。ショップ経営が一番の近道でしょうが、いきなりはじめて成功する例はごくわずかです。

 

そんな独立開業に役立つのが資格。では具体的に役立つ資格を見ていきましょう。

 

ポイントはできるだけ取得に現実味があること。

 

弁護士や公認会計士は確かに開業に役立ちますが、取得が現実的ではありません。

 

退職後に勉強を始めても取得が可能なことが大前提となります。

 

代表格としては宅地建物取引主任者や中小企業診断士。

 

とくに後者は現役の間に取得する人が多く、注目を集めています。それから社会保険労務士。これらは社会の動向に関係なく安定した需要が確保されている点で大きなメリットがあります。

 

もっとも身近な仕事をやりたい、という人には調理師があります。

 

飲食店経営には必須といってもよいでしょう。

 

またあまり知られていないところではクリーニング師、はり師・きゅう師といった選択肢もあります。これらの選択肢なら取得の難易度もほどほどで店を持つ夢を実現できるでしょう。

 

やや難易度が高くなると弁理士や行政書士なども一覧に加えることができるでしょう。自分のこれまでのキャリアも踏まえたうえで取得しやすく、開業してやっていけそうなものを選ぶとよいのではないでしょうか。


定年後に独立するための資格一覧関連ページ

定年後に役立つ資格を取ろう
年金を活かした投資系の資格は定年後の資格として一押しです!ファイナンシャルプランナーや不動産売買の資格は今から取っておいても損はないと思います!
定年後の通信教育
定年した後にもう一度大学に入りなおして勉強したり、通信で資格をとる人が増えています。人生は一生勉強ですね!
定年後に資格を取る時の注意点
幾ら暇だとは言え、やみくもに資格にチャレンジすると途中で挫折をしてしまいます。ここでは賢い選択法をお伝えしていきます!
定年後に再就職するための資格一覧
定年後に再就職や再雇用の希望者は事前に採用に有利な資格をとっておきましょう。フィナンシャルプランナー,グリーンアドバイザー,消費生活アドバイザーや医療・事務検定などは試験も易しく、取りやすい!!
定年後に趣味を楽しむための資格一覧
退職後に趣味を活かして働くための資格を紹介します。着物アドバイザー,ハーブコーディネーター,アロマ講師や折り紙講師まで、実用から離れているからこそ、楽しめるものが沢山ありますよ。
マンション管理士と不動産投資
年金を活かした投資で一番人気のマンション経営。自分で資格も取っていれば、いざ業者と付き合う時にも役立ちます。試験の合格率は10%以下です!勉強は生涯必要ですね!
宅地建物取引責任者(宅建)
将来不動産取引をしていきたいのであれば、宅建は必須の資格とも言えるでしょう。再就職にも有利ですし、何より不動産こそいまの60代が持つ最大の資産!うまく活かして安定した生活をめざしましょう。
定年後は社会労務士で保険を守る
年金・保険などの管理を自分でやってこそ、将来設計ができるというものです。他人任せではなく、自分も知識を増やすことで、将来のリスク管理になるでしょう。そのような意味で社会労務士はおすすめです

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義