定年後に再就職するための資格

再就職を見据えての資格選びも大切です!!

定年後,再就職,資格,オススメ

おそらく大半のサラリーマンが定年後に再就職を望んでいることでしょう。

 

せめて年金の支給が開始される65歳まで、できればさらに後まで働き続けたい、収入を得るためだけでなく、充実した生活を送る上でもそう望む人が多いものです。では定年後に再就職するために役立つ資格にはどのようなものがあるのでしょうか。一覧にしてみましょう。

 

ファイナンシャルプランナー、英語検定、福祉住環境コーディネーター、グリーンアドバイザー、消費生活アドバイザー、パソコン検定、医療事務、マイクロソフトオフィススペシャリスト、サプリメントアドバイザー。

 

 

聞きなじみがあるものもあればはじめて聞くものもあるでしょう。共通する特徴としては定年退職後から勉強をはじめても取得が十分可能なこと、また地域社会に直接関わる仕事が多いこと。とくに医療事務は需要も多く、おすすめの選択肢となるでしょう。

 

消費生活アドバイザーやパソコン検定、福祉住環境アドバイザーなどは自治体などからの求人もあります。講師などの形で雇われることも多く、収入を得るだけでなく地域への貢献、地元住民との交流の手段としても役立ってくれるはずです。

 

ファイナンシャルプランナーは今後需要の増加が見込まれていますし、英語検定は幅広い業種、分野で役立てることができるはず。

 

マイクロソフトオフィススペシャリストは退職後ではなく現役の間に取得しておきたい資格でもあります。

 

 

元気な間は働き続けたい、そんな願望を叶えてくれるかもしれないこれらの選択肢。自分に向いているものを探してみましょう。


定年後に再就職するための資格一覧関連ページ

定年後に役立つ資格を取ろう
年金を活かした投資系の資格は定年後の資格として一押しです!ファイナンシャルプランナーや不動産売買の資格は今から取っておいても損はないと思います!
定年後の通信教育
定年した後にもう一度大学に入りなおして勉強したり、通信で資格をとる人が増えています。人生は一生勉強ですね!
定年後に資格を取る時の注意点
幾ら暇だとは言え、やみくもに資格にチャレンジすると途中で挫折をしてしまいます。ここでは賢い選択法をお伝えしていきます!
定年後に独立するための資格一覧
将来的に独立を考えているならこの資格、ここでは老後使えるオススメの独立系資格を紹介します。退職後は不動産・飲食・保険などに直結するものがオススメです
定年後に趣味を楽しむための資格一覧
退職後に趣味を活かして働くための資格を紹介します。着物アドバイザー,ハーブコーディネーター,アロマ講師や折り紙講師まで、実用から離れているからこそ、楽しめるものが沢山ありますよ。
マンション管理士と不動産投資
年金を活かした投資で一番人気のマンション経営。自分で資格も取っていれば、いざ業者と付き合う時にも役立ちます。試験の合格率は10%以下です!勉強は生涯必要ですね!
宅地建物取引責任者(宅建)
将来不動産取引をしていきたいのであれば、宅建は必須の資格とも言えるでしょう。再就職にも有利ですし、何より不動産こそいまの60代が持つ最大の資産!うまく活かして安定した生活をめざしましょう。
定年後は社会労務士で保険を守る
年金・保険などの管理を自分でやってこそ、将来設計ができるというものです。他人任せではなく、自分も知識を増やすことで、将来のリスク管理になるでしょう。そのような意味で社会労務士はおすすめです

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義