定年後の移住計画

定年後,自給自足

定年後の経済環境に不安を覚えている人が多いといってよいでしょう。また、とりあえずお金の心配はなくても、生きがいを失って時間を持て余してしまうことに不安を感じている人も多いはずです。

 

そんな老後の不安を解消してくれる選択肢に農業があります。自分で作り、自分で食べる。自給自足の生活を送るのです。

 

じつは現在、高齢者の間で農業が人気を集めています。とくに団塊世代が大量退職を迎えるころからその傾向が顕著になっています。現在、新たに農業に就く人の半分が60歳以上、さらに70%がサラリーマンからの転身とも言われています。

 

現役時代は仕事一筋で忙しく、自然と接する機会もなかった、季節の移り変わりを実感する余裕もなかった。そんな思いが農業に対する憧れをもたらすのでしょう。また、食に対する不安なども理由として挙げられるでしょう。

 

自給自足とはいえ、すべてを自分で作るわけではありません。農村ではさまざまな作物が栽培されています。自分が作ったものを他の人と交換し、有効利用しつつできるだけ購入せずに済ませる。

 

それによって地域の人たちと交流し、親交を深めることもできます。定年後の大きな問題となる生きがいと社会とのつながりの喪失の両方を防ぐことかできるわけです。

 

もちろん、いきなりはじめてうまく行くほど農業は甘いものではありません。

 

土地の取得や栽培する作物の選択など決めるべきことは多くありますし、都会で暮らしてきた場合にはまず田舎暮らしになれることが第一となります。しかし老後の暮らし方の理想的なケースとして選択肢に加えてみる価値は十分にあるといえるでしょう。

続きを読む≫ 2013/06/24 14:13:24

親日,海外移住,オススメ

定年後は海外で暮らしたい、そんな人も増えています。日本がおかれている厳しい状況、とくに少子高齢化の進行に不安を覚えているのも大きな理由でしょう。また豊かな自然やスローライフなどに憧れて海外移住を希望する人も多いようです。

 

ただ、海外に移住するとなると生活環境が一変します。これまでの環境、人間関係などを捨てる覚悟が必要です。それだけに事前に入念な準備が求められます。

 

では定年後の海外移住計画に適したおすすめの国にはどこがあるのでしょうか。今も昔の人気が高いのがオーストラリア。なんといっても広大な大地に豊かな自然が魅力。また、治安もよく、医療環境も充実しているの点も大きなメリットです。過ごしやすい気候も高齢者にとってはよい点でしょう。

 

それから東南アジア諸国。これらの国は高齢者を敬う習慣が強く残っている点に人気があります。たとえばタイ。世界的に見てももっとも親日感情が高い国とも言われており、日本人向けのシニア施設などもあります。

 

仏教国、さらにお米を主食としている点など生活環境の面でもなじみやすいのも特徴でしょう。それからフィリピン。日本とも近く、家族と連絡を取りやすいこと、物価が非常に安いことなどがメリットとして挙げられます。他にはマレーシア。物価はやや高めですが、その分治安がよく安心して暮らせるのがポイントです。

 

他にもリゾート地として人気のハワイも選択肢として挙げておくべきでしょう。気候、医療制度、治安、物価、さらに言語などを踏まえつつ老後に暮らしやすいところを探してみましょう。

続きを読む≫ 2013/06/24 14:12:24

老後,海外生活

老後の生活の選択肢として挙げられることが多いのが海外生活。日本から離れ、海外で暮らしたいと望む人も多いのです。少子高齢化が進み、借金の増大や負担増に不安を抱えている日本ではなく、海外でもっとのんびり暮らしたいというのでしょう。

 

また、日本よりも物価が安いため生活費が安く済む面もあります。ただ、現在老後の海外生活に関するイメージは良い面ばかりがクローズアップしている傾向が見られます。

 

現実的に考えて、言葉の壁があります。何か困ったことが会った時、どうやって意思の疎通を行えばよいのでしょうか。

 

また食事の問題。食事は高齢者にとって大きな楽しみ、そして高齢であればあるほど和食に思いいれを持っているもの。まったく異なる食文化・習慣を持つ国で適応できるのでしょうか。「食べ物が合わない」は馬鹿にできない問題となります。

 

行政サービスや治安の面にも注意が必要です。実際のところ世界的に見て日本ほど行政サービスが行き届いている国はないでしょう。それが国の借金を増やす原因にもなっているわけですが、海外にいくとそのメリットを痛感させられるものです。

 

とくに医療でその点が際立ちます。海外の場合、驚くほど高額な負担を強いられることもしばしば。高齢者は健康の不安を避けて通れないだけに大きな問題です。治安に関しては詳しく説明する必要もないでしょう。

 

良い面だけでなく、こうした注意点も踏まえたうえで本当に海外での生活が快適なのかどうかを判断しましょう。また移住先の選択も重要。できるだけ違和感を感じずに、あるいは溶け込みやすい風土を選ぶこともポイントです。

続きを読む≫ 2013/06/24 14:09:24

老後になったら田舎暮らしをしたい、と望む人も多いようです。テレビ番組などでもそんな暮らしを実現した人たちを紹介されるのをよく目にします。

 

とくに長年都会で忙しいサラリーマン生活を送ってきた人はのんびりとした田舎での生活に憧れる傾向が見られます。

 

ただ、移住するとなると生活の基盤そのものを変えることになりますから、慎重な判断が求められます。それだけに事前にメリット、デメリットをしっかりと把握しておきたいところ。

 

まずメリット。やはり都会とは異なるのんびりとした雰囲気、豊かな自然ときれいな空気が魅力です。満員電車に息が詰まる思いをすることもなければ、激しく行きかう車や自転車に注意しなければならないといったこともありません。

 

土地を安く購入できる、家賃が安い、あるいは広い土地で農業やガーデニングを楽しめるといった点も大きな魅力でしょう。

 

ではデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。最大のものはやはり生活の利便性。買い物ひとつにも遠くまで行かなければならない、万一病気や怪我をした時にも近くに医療機関がない、といった問題がつきまといます。

 

若い世代の都会への流入によってますますその傾向が強まっている状況です。

 

それから近隣の人たちとの付き合い。

 

人と人とのつながり、助け合いといった良い点ばかりが強調される面もありますが、詮索されたり、

 

何か貰った場合にはお返しをしなければならなかったり、その地域独特の風習や習慣にしたがわなければならなかったり。

 

 

目に見えない圧力や気詰まりを覚えることもあります。

 

こうした両面を踏まえたうえで自分に向いているのかどうかを判断することが求められるのです。

続きを読む≫ 2013/06/24 14:09:24

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義