定年後に起業する際の注意点

思いっ切って独立と起業もあり!

定年後,仕事,探す,ネット,

定年後の起業がセカンドライフの選択肢として注目されています。定年退職した後も働き続けたい、あるいは雇われる立場だったサラリーマンから一国一城の主へ、自分でビジネスをやりたい。

 

生きがい探しとも結びついて自らビジネスをはじめようと目指す人も増えているのです。

 

ただ、思い立ってすぐにできるわけではありません。始め方をしっかり確認し、相応の準備をしておくことが絶対条件となります。

 

方法としてはまずフランチャイズに参加すること。お店をやりたい場合、独立開業よりもチェーン店の一員として開業した方がいろいろな面でメリットが得られます。

 

ブランドイメージが既に確立されているため、顧客を掴みやすい点も魅力でしょう。たとえば日本最大級の独立開業、フランチャイズ募集サイトの「アントレnet」ではシニア世代を対象としたフランチャイズ募集も行っています。

 

企業から業務委託を受ける形ではじめるビジネススタイルもあります。

 

とくに現代社会ではビジネスのアウトソーシングが推し進められており、独立開業の企業が活躍する場が増えています。

 

この場合、現役時代に培ってきたスキル、あるいは人脈を上手く活かしたビジネスを選ぶことがポイントとなるでしょう。

 

ネットショップという選択肢もあります。この場合は自己資金もかからず、実店舗に比べてずっと簡単にはじめることができるといったメリットがあります。

 

基本的にはまず自分がなにをやりたいのか、ビジネスのイメージを固めたうえで具体的な始め方に関する情報収集を行っていくとよいでしょう。セミナーなどに参加するのもお勧めです。


起業,確定申告,必要,定年

定年後に起業を目指す場合には税金に関しても注意を向けておきたいところ。定年退職をすれば仕事がなくなるため、税の心配をしなくてもよいと思う人も多いでしょう。しかしそれは大きな間違い。むしろ悩みと手間が増えるといってもよいほどです。

 

定年退職した後に働き続ける場合にはその収入も課税の対象になります。高齢のビジネスマンに対する優遇措置などはありません。

 

また、これは常識して知っておくべきですが、年金も課税の対象となります。

 

所得税の場合は収入が多くなればなるほど税率が高くなる累進課税となっていますから、退職後のビジネスで「どれぐらい稼ぐか」も重要なテーマとなってくるのです。

 

もうひとつ、現役時代はサラリーマンとして働いてきた人にとっては確定申告の問題があります。それまで確定申告をする習慣がなかった人も定年退職を機に行う必要が生じます。

 

ビジネスを行えば書類の作成もいろいろと面倒になってきます。年金は雑所得になりますし、ビジネスでの収入もその内容によって所得の種類が異なってきます。その辺の知識も踏まえておきましょう。

 

さらに、ビジネスによる収入がどの程度になるかによって税金対策が異なってきます。たとえば青色申告。これによって一定の控除が認められるようになります。

 

さらにかなりの収入が期待できる場合には法人格を取得しての対策なども視野に入れる必要があるでしょう。ビジネスを始める前にはこうした基本的な知識や対策についても考慮に入れておく必要があるのです。

続きを読む≫ 2013/06/24 13:56:24

定年後,起業,会社,作る

定年後の起業で第二の人生を満喫する。多くのシニア世代にとって理想的な環境といえるのではないでしょうか。とくに現代社会ではインターネットの普及によって起業が容易になっています。その気になれば少ない自己資金でも簡単に始めることもできる環境にあります。

 

ただ、この点に関してはメリットばかりがもてはやされている傾向が見られます。老後の生計の手段として役立つ、あるいは生きがいになる、雇われる立場ではなく、自分の意思と能力でビジネスを行っていくことができるといった内容です。

 

しかしビジネスはそんなに甘いものではありません。軽い気持ちで始める前にまず注意点をしっかりと踏まえておきましょう。

 

最大の注意点は言うまでもなく「失敗のリスク」です。貯蓄を切り崩してはじめたものの、まったく採算が赤字続きに陥るケースも少なくありません。

 

とくに定年退職後にビジネスをはじめる場合、夢や理想に駆られてこれまでまったく縁のなかった分野に手を出すケースも多く見られます。もちろん、素人がいきなり手を出して成功するほど甘い世界ではありません。

 

この失敗のリスクに併せて覚えておきたいのが「引き際」。ズルズルと赤字を垂れ流した結果、貯蓄が底をついてしまった、などといったことがないようにしましょう。

 

店舗経営の場合、3年以内に固定客をつかめなければまず成功しません。趣味でやっているから、生きがいのためにやっているから、などと甘い考えはもたず、現実を見据えた上で早めの撤退も必要なのです。

 

失敗すれば家族にも迷惑をかけ、夫婦の危機をももたらす可能性があります。こうした危険性も頭に入れた上ではじめるかどうか、また行うならどの方法にするかを決めるようにしましょう。

続きを読む≫ 2013/06/24 13:55:24

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義