定年後に会社を作る

定年後に会社を作りたい人へ

定年後,起業,会社,作る

定年後の起業で第二の人生を満喫する。多くのシニア世代にとって理想的な環境といえるのではないでしょうか。とくに現代社会ではインターネットの普及によって起業が容易になっています。その気になれば少ない自己資金でも簡単に始めることもできる環境にあります。

 

ただ、この点に関してはメリットばかりがもてはやされている傾向が見られます。老後の生計の手段として役立つ、あるいは生きがいになる、雇われる立場ではなく、自分の意思と能力でビジネスを行っていくことができるといった内容です。

 

しかしビジネスはそんなに甘いものではありません。軽い気持ちで始める前にまず注意点をしっかりと踏まえておきましょう。

 

最大の注意点は言うまでもなく「失敗のリスク」です。貯蓄を切り崩してはじめたものの、まったく採算が赤字続きに陥るケースも少なくありません。

 

とくに定年退職後にビジネスをはじめる場合、夢や理想に駆られてこれまでまったく縁のなかった分野に手を出すケースも多く見られます。もちろん、素人がいきなり手を出して成功するほど甘い世界ではありません。

 

この失敗のリスクに併せて覚えておきたいのが「引き際」。ズルズルと赤字を垂れ流した結果、貯蓄が底をついてしまった、などといったことがないようにしましょう。

 

店舗経営の場合、3年以内に固定客をつかめなければまず成功しません。趣味でやっているから、生きがいのためにやっているから、などと甘い考えはもたず、現実を見据えた上で早めの撤退も必要なのです。

 

失敗すれば家族にも迷惑をかけ、夫婦の危機をももたらす可能性があります。こうした危険性も頭に入れた上ではじめるかどうか、また行うならどの方法にするかを決めるようにしましょう。


定年後の起業に関する注意点関連ページ

定年後の起業と税金
定年後に会社を作った場合、確定申告の問題が発生します。高齢で合っても特別な控除はないので、税金のことは絶対に考えなければなりません。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義