確定申告の必要性

定年後でも確定申告は必要です。

起業,確定申告,必要,定年

定年後に起業を目指す場合には税金に関しても注意を向けておきたいところ。定年退職をすれば仕事がなくなるため、税の心配をしなくてもよいと思う人も多いでしょう。しかしそれは大きな間違い。むしろ悩みと手間が増えるといってもよいほどです。

 

定年退職した後に働き続ける場合にはその収入も課税の対象になります。高齢のビジネスマンに対する優遇措置などはありません。

 

また、これは常識して知っておくべきですが、年金も課税の対象となります。

 

所得税の場合は収入が多くなればなるほど税率が高くなる累進課税となっていますから、退職後のビジネスで「どれぐらい稼ぐか」も重要なテーマとなってくるのです。

 

もうひとつ、現役時代はサラリーマンとして働いてきた人にとっては確定申告の問題があります。それまで確定申告をする習慣がなかった人も定年退職を機に行う必要が生じます。

 

ビジネスを行えば書類の作成もいろいろと面倒になってきます。年金は雑所得になりますし、ビジネスでの収入もその内容によって所得の種類が異なってきます。その辺の知識も踏まえておきましょう。

 

さらに、ビジネスによる収入がどの程度になるかによって税金対策が異なってきます。たとえば青色申告。これによって一定の控除が認められるようになります。

 

さらにかなりの収入が期待できる場合には法人格を取得しての対策なども視野に入れる必要があるでしょう。ビジネスを始める前にはこうした基本的な知識や対策についても考慮に入れておく必要があるのです。


定年後の起業と税金関連ページ

定年後の起業に関する注意点
定年後に起業したい方へ。自分が社長になって本当に好きなことをして稼ぎたいという思いだけで突き進むと危険なこともありますよ

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義