定年後にハローワークを利用する際のコツ

公的機関で就活するメリットとデメリットとは?

定年後,再就職,ハローワーク,注意点

定年後の就職先探しの方法としてまず第一に挙げられるのがハローワーク。公的機関のため安心して利用することができる、求人の数が多いといった面がよく挙げられますが、より賢く利用するためには他の長所、さらには短所もしっかりと把握しておきたいところ。

 

まず長所を見てみましょう。先に挙げたものに加えて採用されやすい点も挙げられます。求人情報を掲載する際、企業は費用を負担する必要はありません。その辺は求人サイトや転職エージェントと大きな違いです。人を雇うのにコストをかけていないため、採用されやすい面があるのです。

 

それから求人の質。数だけでなく質の面でもメリットがあります。たとえば求人サイトには掲載されておらず、ここにしかない求人があること。これもコストと関わってくる点で、費用がかからないからこそ求人を掲載しているところもあるのです。

 

また、地方の求人が多いのも特徴でしょう。求人サイト、情報誌の場合はどうしても都心部中心になってしまうきらいがあります。

 

一方、短所はどうでしょうか。まず求人先の情報を事前に入手しにくい点。たとえば転職エージェントの場合はスタッフが直接企業に赴いて情報収集しているケースがあります。

 

ハローワークではそのようなことはなく、企業が自ら提供した情報に限られます。そのため就業環境や給与体系が曖昧になっていることも多いのです。

 

同じように相談窓口でも求人先の細かい情報や内情を教えてもらうことができないといったマイナス点もあります。

 

こうした点を踏まえたうえで有効活用することが職探しにおけるポイントとなるのです。


ハローワークのメリットとデメリット関連ページ

再就職先の探し方
公的機関のシルバー人材センター,ハローワークなどの職業斡旋所には60代以上でもできる仕事が多々あります。職業訓練で新しくスキルを身に着けていけば安定して稼げるようになるでしょう
再雇用とハローワークについて
高年齢雇用継続給付があるハローワークには60歳以上でも働ける仕事が沢山あります。それまでのスキルによっても雇用主は違ってきますが、まず初めに訪れるべき場所でしょう。健康上の問題などは正直に話した方が良いですよ!

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義