定年世代の平均貯蓄額合計

最低でも2000万円!豊かに暮らすために亜h3000万以上のお金が必要です。

定年後,必要資金,貯蓄額,平均

定年後は基本的に年金と貯蓄で生活費を賄っていくことになります。

 

しかし公的年金の平均支給額は厚生年金を含めても20万円程度

 

充実した老後の生活を送るためには30万円以上は必要といわれていますから、貯蓄を切り崩しながらの生活が前提となります。

 

それだけに現役世代の間にどれだけお金を貯めることができたかが老後の生活の明暗を分けることになりかねません。

 

では定年を迎える60歳の時点でみんなどれぐらいお金を貯めているのでしょうか。

 

この点に関しては総務省による平均額があります。

 

それによると60歳以上の平均は約2200万円。高いか低いかは微妙な数字です。

 

上に挙げた年金と生活費の赤字が月10万円、1年間で120万円ですから、20年足らずの間に底を突くことになります。

 

もちろん、他にも収入の手段があったり、資産運用などで増やす方法もありますから一概には言えませんが、決して安泰とはいえない数字でしょう。

 

また、これはあくまで平均。

 

データの対象の中には富裕層も含まれています。1人が1億円貯めていれば4人がゼロでも平均2000万円になります。そのことを考えれば一般のサラリーマン世帯の蓄えはもっと少ないと見るべきでしょう。

 

あるデータによれば夫婦世帯で安心して老後を過ごすためには2800万円の蓄えが必要ともいわれています。

 

やはり平均では十分ではないといえるでしょう。

 

退職金だけでなく、やはり現役時代の間から計画的にお金を貯めていく習慣をつけることが大事になりそうです。

 

20年、いや30年くらいのスパンで考えながら計画を練っていくようにしたいものです。


定年世代の平均貯蓄額はいくら?関連ページ

定年までに貯蓄はいくら必要か
定年を迎える前に用意しておきたい準備金,預金額について説明します。貯金が尽きてからでは生活保護になっていまいます。残りの資産をしっかりと検討しましょう。
みんな、いくら貯蓄してる?
60代以降の一般サラリーマン家庭がいくら貯金があるのかを調べました。平均すると約2000万!最低でも1500万以上ないと厳しい生活が待っていると言わざるを得ません。
現役時代の収入は減っている
現役世代の収入と貯蓄額が減っているのはデーターを見れば明らかです。生活防衛のために私たちができることをしっかり考えましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義