定年後に必要な貯蓄額

結局、いくら貯蓄が必要なのか

定年後,貯蓄額,最低限度

老後を安心して暮らすうえでの最大のテーマはやはりお金。いくら生きがいがあっても、家族・友人に恵まれていてもお金がなければ生活していけません。仕事による収入が期待できず、貯蓄と年金に頼る生活になるわけですから、定年になる前にしっかりと準備しておく必要があります。

 

では定年後の生活のために貯蓄はどの程度必要なのでしょうか。必要額 は人によって、あるいは生活水準によって異なってきますが、平均的な目安を知っておくことは決してムダではないでしょう。

 

まず基本となるのが収支計算。年金そのほかによる収入と、月々の出費のバランス。1ヵ月の支出額の平均は夫婦世帯で25万円前後。収入は厚生年金に加入していた場合で20万円程度。5万円前後の赤字となります。他に収入源がない場合には貯蓄で埋め合わせることなるわけです。

 

ただ、そのほかにも出費が必要になることもあります。たとえばローンがまだ残っている場合、すでに支払い終えた場合でもマイホームの修繕などにお金がかかります。さらに医療費。もし大きな病気や怪我をした場合の備えとして必要です。

 

定年後の必要額を簡単に計算できる式があります。
「現役時代の生活費×70〜80%×夫の平均余命」

 

つまり、老後も働いていた時期の7〜8割くらいの出費は必要となります。安心して老後を暮らすことができるためには1億円程度の備えが必要といわれていますが、現在の平均寿命を考えるとそれも納得できるのではないでしょうか。定年になる前から10年、20年計画でお金のことを考えていく必要がありそうです。


定年までに貯蓄はいくら必要か関連ページ

みんな、いくら貯蓄してる?
60代以降の一般サラリーマン家庭がいくら貯金があるのかを調べました。平均すると約2000万!最低でも1500万以上ないと厳しい生活が待っていると言わざるを得ません。
定年世代の平均貯蓄額はいくら?
2013年〜14年以降の定年世代の平均貯蓄額を計算してみると約2200万円。老後を豊かに生きるにはこれではまだまだ足りません。安心して暮らせえる貯蓄は3000万とも4000万とも言われています。
現役時代の収入は減っている
現役世代の収入と貯蓄額が減っているのはデーターを見れば明らかです。生活防衛のために私たちができることをしっかり考えましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義