第三号の年金はいくらもらえる?

第三号の年金とはおもに専業主婦が加入する年金制度のことです。専業主婦の場合、本人は収入を得ていない状況です。そのため年金を支払うだけの経済力も持っていません。

 

この第三号の年金は保険料負担がないまま受給することができる資格が得られる制度となっています。専業主婦の老後を保障してくれる心強い制度といえるでしょう。

 

どうして保険料を支払っていないのも関わらず年金を受け取ることができるのでしょうか。財源はどこにあるのでしょうか?

 

これに関しては厚生年金に加入している第二号の被保険者が支払う保険料と会社が負担している厚生年金の保険料から出ています。ですから、まったく支払わなければよいというわけではなく、間接的な形で夫が支払っているといってもよい状況なのです。

 

とくに高額所得者は負担額が大きくなります。

 

年金受給額の計算法はとくになく、第一号の被保険者と同額の老齢基礎年金を受け取れる形となります。

 

ですから自分の加入期間などを踏まえたうえで第一号の計算をしてみるとよいでしょう。20歳で結婚した場合には65歳から老齢基礎年金を満額受け取ることができるようになります。

 

ただ、パートなどで働く場合、この制度よりも厚生年金などに加入した方がよい面もあります。家庭の都合でどうしても仕事ができない人に適した年金制度といえるでしょう。

 

現在専業主婦の人もこの制度のメリット、デメリットを把握したうえで利用し続けるかどうか検討しておいた方がよいかもしれません。


第三号の年金受給額の計算関連ページ

国民年金受給額の計算
2013年の選挙の争点にもなっている年金問題は複雑です。納入額に応じた計算方法と、日本人の平均データを紹介。実際にどれくらいもらえるのか?じっくり考えて見ましょう。
厚生年金受給額の計算
国民年金に加え、厚生年金や企業年金を入れるとある程度ゆとりのある生活が見えてきますが、それでも不安は消えないもの。ここでは受給額の平均値と計算方法を紹介します
共済年金受給額の計算
公務員であるならば定年後に共済年金を受け取ることが可能です。基本的には二階建て,三階建てと言われる手厚い保護がありますが、2割〜3割増しです。ただ、これが確実とも言えない日が来るかもしれません。
個人年金の受取額
60歳まで働いたとして実際に個人年金はどれくらいもらえるのでしょうか?夫婦共働きと、独身者ではかなりの差が付くことを知っていますか?この額を聞いて愕然とする人も多いんです
減っていく年金
減っていく年金の記事は新聞やニュースで何度も聞いていると不安になると思います。これは残念ながら事実であり、延長や打ち切りが現実のものにならないとは言えません。ここでは年金減額についての記事を紹介します

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義