国民年金受給額の計算

国民年金はいくらもらえる?

国民年金,受給額,平均,どれくらい

国民年金は年金制度の基本となるもの。少子高齢化や未納問題によって制度の存続が危ぶまれている面もありますが、これがあってこそ老後の生活が成り立つ、という人も多いでしょう。

 

ただ注意しておきたいのはこの年金だけで老後生活をしていけるというわけではありません。老後の計画を立てる際にはどれぐらい受け取れるのかをあらかじめ確認しておく必要があります。

 

では国民年金の受給額はどうやって計算すればよいのでしょうか。この点に関してはちょっと複雑ですが計算法があります。

 

78万6500×「(保険料納付済月数+全額免除月数×8分の4+4分の1納付月数×8分の5+半額納付月数×8分の6+4分の3納付つき数×8分の7)÷(40年×12ヶ月)」なお、この式は昭和16年4月2日以降に生まれた人。それ以前の人は若干異なるので確認しておきましょう。

 

ちょっと難しいと感じる人も多いでしょう。自分がこれまでどういった形で年金を支払ってきたのか、どれだけの期間支払ってきたのかを計算したうえでこの式に当てはめてみるとよいでしょう。

 

ちょっと面倒くさい、という人は平均のデータを見てみましょう。月々の支給額の平均は5万3000円。ですから年間では63万6000円となります。これを見ても年金の支給だけで生計を立てるのは無理なことがわかります

 

。厚生年金や企業年金など他の年金と組み合わせて加入する備えも必要となるでしょう。一時期問題となった「消えた年金記録」のこともあります。65歳になるまえに自分がどの程度の金額を受け取ることができるのかを把握しておいた方がよいのかもしれません。


国民年金受給額の計算関連ページ

厚生年金受給額の計算
国民年金に加え、厚生年金や企業年金を入れるとある程度ゆとりのある生活が見えてきますが、それでも不安は消えないもの。ここでは受給額の平均値と計算方法を紹介します
共済年金受給額の計算
公務員であるならば定年後に共済年金を受け取ることが可能です。基本的には二階建て,三階建てと言われる手厚い保護がありますが、2割〜3割増しです。ただ、これが確実とも言えない日が来るかもしれません。
第三号の年金受給額の計算
定年後の仕事探しをしましょう
個人年金の受取額
60歳まで働いたとして実際に個人年金はどれくらいもらえるのでしょうか?夫婦共働きと、独身者ではかなりの差が付くことを知っていますか?この額を聞いて愕然とする人も多いんです
減っていく年金
減っていく年金の記事は新聞やニュースで何度も聞いていると不安になると思います。これは残念ながら事実であり、延長や打ち切りが現実のものにならないとは言えません。ここでは年金減額についての記事を紹介します

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義