厚生年金がどれくらいもらえるか

厚生年金はいくらもらえる?

厚生年金,計算,平均値

国民年金に比べて頼りになるのが厚生年金。国民年金だけで生活するのはとても無理ですが、こちらの年金を受け取れるなら最低限の生活を送ることも可能です。では具体的にどの程度の受給額を期待できるのでしょうか。

 

計算法を見てみましょう。基本となる式は「定額部分+報酬比例部分+加給年金額」を合算したものとなります。それぞれの部分の算出方法を見てみましょう。

 

定額部分は「1676円×生年月日に応じた率×被保険者期間×0.978」となります。生年月日に応じた率は複雑な内容になっているため、どうしても知りたい人は日本年金機構のホームページなどでチェックしてみましょう。物価の変化などを考慮に入れた率となっています。

 

報酬比例部分は「平均標準報酬月額×(生年月日に応じた率)×平成15年3月までの被保険者期間の月数+平均標準報酬額×(生年月日に応じた率)×平成15年4月以後の被保険者期間の月数」×1.031×0.978となります。

 

やや複雑な式となります。加給年金額は被保険者期間が20年以上、もしかは40歳以降15年以上ある人が受け取れるもので、配偶者や子供がいる場合にそれぞれ支給されます。配偶者が22万6300円、1人目、2人目の子供が各22万6300円、3人目以降は7万5400円。

 

平均の受給額は約16万1000円。なお、ここ10年ほど支給額は横ばい状態となっています。これを最低限の収入にし、あとは企業年金や貯蓄などを組み合わせて生活していくことになります。年金の軸になるといってもよい部分ですから、どれだけ受け取れるのかをしっかりと計算しておきたいところです。


厚生年金受給額の計算関連ページ

国民年金受給額の計算
2013年の選挙の争点にもなっている年金問題は複雑です。納入額に応じた計算方法と、日本人の平均データを紹介。実際にどれくらいもらえるのか?じっくり考えて見ましょう。
共済年金受給額の計算
公務員であるならば定年後に共済年金を受け取ることが可能です。基本的には二階建て,三階建てと言われる手厚い保護がありますが、2割〜3割増しです。ただ、これが確実とも言えない日が来るかもしれません。
第三号の年金受給額の計算
定年後の仕事探しをしましょう
個人年金の受取額
60歳まで働いたとして実際に個人年金はどれくらいもらえるのでしょうか?夫婦共働きと、独身者ではかなりの差が付くことを知っていますか?この額を聞いて愕然とする人も多いんです
減っていく年金
減っていく年金の記事は新聞やニュースで何度も聞いていると不安になると思います。これは残念ながら事実であり、延長や打ち切りが現実のものにならないとは言えません。ここでは年金減額についての記事を紹介します

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義