共済年金の計算法

共済年金はいくらもらえる?

共済年金,計算,方法

国民年金、厚生年金と並ぶ公的年金のひとつ、共済年金。これは公務員や学校の教職員などが加入する年金制度です。

 

国民年金、厚生年金とは違った種類の年金とのイメージもありますが、基本的には厚生年金と似たようなシステムとなっています。まず土台に国民年金があり、そのうえでこの年金に加入するわけです。

 

計算法は簡単に言えば「平均の給与額×一定の率×加入期間」となります。この点も厚生年金と共通しています。もう少し具体的に見てみましょう。

 

より詳細な計算式では平成15年3月までだと「平均月給×7.5/1000×加入期間」、平成15年4月以降は「年収÷12×5.769/1000×加入期間」となっています。なお、一定の率は生年月日によって違いが見られます。

 

ここまでは厚生年金とほぼ同じ。受給額は加入した期間が長いほど多くなります。しかしそれに加えて共済年金ならではの独自のシステムもあります。

 

それは「職域加算」と呼ばれるものです。この加算のおかげで厚生年金よりも多く受け取ることができるのです。

 

具体的に計算式を見てみましょう。平成15年3月までは「平均月給×1.5/1000×加入期間」、平成15年4月以降は「年収÷12×1.154/1000×加入期間」。

 

簡単に言えば2割ほど多くなる計算になります。公務員は年金においても恵まれているといわれる所以でもあります。

 

公務員は就業環境も収入も安定しているため、老後の備えに関しても安心している人も多いようですが、65歳になる前にいちどどれぐらい受け取れるのか具体的な金額を確認しておくとよいでしょう。


共済年金受給額の計算関連ページ

国民年金受給額の計算
2013年の選挙の争点にもなっている年金問題は複雑です。納入額に応じた計算方法と、日本人の平均データを紹介。実際にどれくらいもらえるのか?じっくり考えて見ましょう。
厚生年金受給額の計算
国民年金に加え、厚生年金や企業年金を入れるとある程度ゆとりのある生活が見えてきますが、それでも不安は消えないもの。ここでは受給額の平均値と計算方法を紹介します
第三号の年金受給額の計算
定年後の仕事探しをしましょう
個人年金の受取額
60歳まで働いたとして実際に個人年金はどれくらいもらえるのでしょうか?夫婦共働きと、独身者ではかなりの差が付くことを知っていますか?この額を聞いて愕然とする人も多いんです
減っていく年金
減っていく年金の記事は新聞やニュースで何度も聞いていると不安になると思います。これは残念ながら事実であり、延長や打ち切りが現実のものにならないとは言えません。ここでは年金減額についての記事を紹介します

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義