独身者と夫婦でもらえる年金額の違い

実際に受け取れるのは10万以下!これじゃ暮らせないというのが本音でしょう!

個人年金,夫婦,単身,受取額,平均

定年後も働き続けられる人もいますが、それは一部の幸運な人。ほとんどの人は65歳くらいからは働き先がなく収入の手段が絶たれることになります。

 

悠々自適な生活を送れるようになるわけですから決してマイナスに考える必要はないのですが、収入が途絶えればどうしてもお金の心配がつきまといます。

 

それを補うのが年金制度。どの制度に加入していたのか、どれだけ支払っていたのか、そしていくらぐらい受け取れるのか。これは定年退職する前にしっかりと確認しておきたいポイントです。

 

基本的に日本は誰もがこの制度に加入する建前になっています。

 

誰もが支払い、65歳以上になれば受け取ることができるわけです。ただ、この制度にもいくつかの種類があり、どんなタイプにどれだけ加入していたかによって受け取れる金額に個人差が出てきます。

 

制度の土台となるのが公的年金。国が運営しているものです。負担が少ない一方、支給額も少ないのが特徴。夫婦世帯で受け取れる金額は最大でも13万円程度、個人だけなら5〜7万円程度

 

これでは老後の生活費を賄うことは到底できないでしょう。

 

そのため企業や保険会社が運営している制度を利用するかどうかの選択肢も出てきます。

 

とくに企業が運営している方は非常に重要な制度となるでしょう。

 

自営業の場合はこのタイプには加入できませんから、保険会社の養老保険などに加入するかどうかを検討することになります。

 

現役時代のうちから老後に受け取れる金額を計算しながら計画的に支払っていくことが求められそうです。


個人年金の受取額関連ページ

国民年金受給額の計算
2013年の選挙の争点にもなっている年金問題は複雑です。納入額に応じた計算方法と、日本人の平均データを紹介。実際にどれくらいもらえるのか?じっくり考えて見ましょう。
厚生年金受給額の計算
国民年金に加え、厚生年金や企業年金を入れるとある程度ゆとりのある生活が見えてきますが、それでも不安は消えないもの。ここでは受給額の平均値と計算方法を紹介します
共済年金受給額の計算
公務員であるならば定年後に共済年金を受け取ることが可能です。基本的には二階建て,三階建てと言われる手厚い保護がありますが、2割〜3割増しです。ただ、これが確実とも言えない日が来るかもしれません。
第三号の年金受給額の計算
定年後の仕事探しをしましょう
減っていく年金
減っていく年金の記事は新聞やニュースで何度も聞いていると不安になると思います。これは残念ながら事実であり、延長や打ち切りが現実のものにならないとは言えません。ここでは年金減額についての記事を紹介します

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義