定年ニュース

定年後に今までのスキルを活かして、若者向けのアドバイザー、コンサル業のようなものを考えている人におすすめなのがクラウドソーシングを使った、ソーシャルサービス業

 

今回注目したのはビザスクというサービス。自分のスキルに合わせて登録制ておけば、依頼者からの問い合わせが来て、マッチングされるというもの。

 

ビザスク,口コミ,評判

 

主な相談内容は企業前の注意点。業界の動向。新規企画の調査に関するアドバイス、キャリアチェンジについてなど、企業の枠を超えて本音で退職者にビジネスの相談をしたいという人が増えている証拠。

 

海外現地調査への依頼、マーケティングなど現場の人に声を聴きたいというニーズから登場した。

 

【 主な業種 】

 

 

ヘルスケア機械/電気製品/素材食品日用品メディア/広告コンテンツ制作/配信小売レジャー/飲食生活関連サービス教育/学習支援人材業務支援サービスIT/SIer不動産/建設金融エネルギー/インフラ/物流卸/流通

続きを読む≫ 2015/03/04 13:23:04

定年,65歳,仕事

これまで日本では60歳でのリタイヤが一般的でした。しかし60歳という年齢はまだ若く、働く意欲があるうちに会社を退職するため、定年の年齢を引き上げようという動きが活発化しました。

 

そして2013年4月に高年齢者雇用安定法が施行され、希望すれば60歳を過ぎても働くことができるようになりました。

 

年齢は徐々に引き上げられ、65歳まで働けるようになります。法律の施行により雇用がどう変わるのか期待と不安を抱いている人もいます。

 

法律の具体的な中身は、今までの業務をそのまま続けられることを保証しているというわけではなく、60歳を過ぎても会社が提案する業務に携わることができるというものです。

 

ですから、フルタイムという枠にこだわらず、パートタイム的な形で雇用が継続されるケースもあります。またケースバイケースですが、関連企業に移行することもあり得ます。

 

雇用をするのは企業側の判断になるため、自分の希望通りの仕事ができるとは限らず、与えられる仕事を果たしていくことが必要になります。

 

ですから、雇用形態がどう変わるのかは一概にパターン化できるものではないということが分かります。

 

しかしながら60歳を過ぎても65歳までは働くことができるわけですから、再就職をする必要が無く、企業側も定年を早期に迎えて勤労意欲がある人材を企業側が雇い続けることで、

 

自社の業務を円滑に遂行できるというメリットがあり、雇用側、会社側双方にメリットがある制度と言えるでしょう。

続きを読む≫ 2013/09/14 12:12:14

仕事をリタイヤした後に第二の人生を有意義に生きるため、様々な道を歩む人たちがいます。その1つに定年後に舞台俳優として生きるという選択があります。

 

もちろん、芸能界で華々しく俳優として生きていくにはハードルが高いものの、地域に根差した劇団などで活躍する生き方を選んだ例があります。

 

各地域には地方劇団などの組織があり、人材を確保するため高齢者を迎え入れるケースが相次いでいます。

 

60代,俳優,

 

例えば、ある男性は長年金融機関での専門職に携わっていたものの、定年後に新たな道として演劇学校に夫婦で入校することにしました。

 

これまで家にいることで夫婦の摩擦が絶えませんでしたが、新たな道を歩み始めることで、夫婦で同じ価値観を共有し、かつての摩擦がやがては強いきずなへと変化していきました。

 

学校で身につけた技能を活かすべく、公募で市内の市民ミュージカルに応募します。見事主役に抜擢されますが、その後の稽古は楽ではありません。演出家に叱られながら一生懸命役柄をこなし、見事役を果たし切りました。

 

60代,俳優,

 

人それぞれに可能性が異なるものの、全く畑違いの道を歩むことで人生の意義を見出した人もいます。リタイヤ後、どのような人生を送るかは自分自身にかかっています。

 

新たな道を進むか、ただ家にいて無意味に時間だけを過ごすだけの人生を過ごすかも自分の決定です。

 

高齢だからとあきらめてしまうのではなく、自分の可能性を信じ、充実した生き方を目指す時に、道が必ず開かれるのです。

続きを読む≫ 2013/09/11 09:46:11

今回のニュースは日経新聞に載っていた「リタイア貧乏」に関する話題です。大手企業を退職しても年金がもらえるまでの5年間でお金を使ってしまうというケースが増えており、

 

家族から相談を受けているフィナンシャルプランナーの話によると

 

今まで手にしたことのない2000万という大金があるのを目にするとどうしても贅沢をしたくなってしまい、浪費に走るというありがちなパターンへの警告と見て取れます。

 

【大まかなあらすじ】

退職金の2000万を手にしたが、実際に住宅ローンがあったので800万を完済。持ち家を手に入れることはできた
          ↓
ここで気が緩み、子育てもひと段落がついたので旅行などの趣味にお金をかけてしまい、。蓄えは5年で1300万円も減る
          ↓
いざ65歳から年金をもらった時も贅沢はおさらまず、しかも体力が衰えて今から働くことはできなくなってしまった
          ↓
結局子供にお金を工面してもらうことになり、子ども側から相談される

という流れです。

 

 

 

続きを読む≫ 2013/09/09 21:04:09

住み替え,資産,貯蓄

国の調査で定年後も住宅ローンを支払い続ける人が全体の20%に及んでいることが明らかになりました。

 

収入が途絶え、退職金と年金で生活を維持していく人にとって家のローンは生活に重くのしかかります

 

大切なのはある程度のゆとりを持った生活をおくることです。

 

そのために会社のリタイヤ後にマイホームの住み替えを検討する人も少なくありません。そのため現在住んでいる住宅を売却し、利益分で購入できるマンションや戸建て物件に移転する方法を選択する人もいます。

 

また退職金を利用して繰り上げ返済を行う人もいます。

 

しかし退職金を返済に当てる場合、年金の支給開始までの生活費をどう工面するかが課題になります。

 

リスク回避のために退職金をすべて使い切ってしまうのであれば、この方法は避けたほうが無難です。

 

むしろ、延長雇用や再就職を視野に入れることのほうが懸命です。定年後の住み替えを検討する場合には、様々なリスクを考慮することが必要になりますし、ファイナンシャルプランナーなどの助けを借りて、ライフプランを立てていくことも必要でしょう。

 

しかし住み慣れた家を手放すことに抵抗を感じる人達もいます。

 

そのような人におすすめなのがマイホーム借上げ制度です。

 

50歳以上のマイホーム所有者であれば利用できる制度で、住み替え支援機構に自宅を借り上げてもらい、賃貸物件として貸し出します。自分の手元には家賃収入が入るため、マンション等に移転することも可能になります。

続きを読む≫ 2013/09/05 14:21:05

老後に備えてお金をためておかなければまずいことになる!それは心では分かっているものの、今の生活費で精一杯。老後の貯蓄まで回せないという人も多いのではないでしょうか?

 

実際に日経新聞では2000年以降、老後に備えての貯蓄額が激減しているというデータがあり、このまま何の対策もせずに定年を迎えると、最低レベルの生活が維持できない危険性があるかもしれないと言われています。

 

40代の人は特にこの事実は知っておいた方が良いかもしれません。今はまだ体力があるので60歳になった自分のことは考えられなくても、大量の退職者がでると同時にすでに70代の高齢者が沢山いる状況の中で、好条件の仕事を探すのは大変です。

 

老後,貯蓄なし,どうなる
日本経済新聞より】

日本の社会保障給付費は年100兆円に上り、約7割が高齢者向け。年金支給は総額50兆円を超えた。財政赤字が膨らむ要因となっている

 

 

 

高齢者の給付金の上限引き下げ、定年65歳。消費税UPと高齢者医療費の負担まで考えたうえで、今の平均必要額2000万をはるかに超える事態がやってこないとも限りません。

 

実は定年後の仕事というのは60歳になってから考えるわけではなく、40代の中から真剣に検討しておくべきなのかもしれません。

 

すでに資産がある方は投資の方法を学び、そうでない方は資格やスキルを得て、少ない時間でも効果的に収入を得る術を身に着けなければなりません。

 

私の場合はネットビジネススキルがあるので、パソコン一台で最低限の収入はカバーできると思いますが、分散投資の意味でも不動産や株式,FXなどの勉強と投資をはじめており、年金ゼロレベルを見越しています。

 

自分の老後は大丈夫か?ちょっと考えてみたいものです。

 

続きを読む≫ 2013/09/04 08:33:04

定年後,女性,仕事,種類

定年後も仕事をしたいという女性が選ぶことのできる仕事の1つに、シルバー人材センターへの登録があります。シルバー人材センターでは高齢者の勤労意欲がある人に対して様々なアルバイトなどの案件を紹介しています。

 

例えば、不動産管理物件や街の公園や公共施設の清掃があります。時給制が多く、登録している仲間と一緒に作業を行うケースが多くあります。未経験でもでき、体力的な負担もさほど大きくはないのが特徴です。

 

もう1つはマンションの管理人です。男性の職場と思われがちですが、東京都内を始め大都市圏のマンションでは女性の管理人が多く在中しています。

 

業務の内容は管理物件の清掃、入居者の安全確保、出入り業者への応対などです。緊急事態が発生した時には管理会社や警察へ通報するため、身の安全もしっかりと確保できるよう配慮が払われています。

 

給料は時給、日給制が中心で定年後も安心して働くことができ高収入も期待できるワークとして人気が集まっています。

 

他の代表的な事例は資格を活かした副業です。

 

キャリアウーマン時代に様々な習い事をしておくことでその資格を活かすことができます生け花の講師、着物の着付け指導、英会話をはじめとする語学教師などです。

 

これらの資格は専門学校や通信販売でも取得可能ですから、定年を迎える前に休日や仕事の後の時間を活用して資格をとるようにしてみることもできます。

 

将来の展望をしっかりと考えてライフプランを立てていくなら、老後も安心して暮らすことができるでしょう。

続きを読む≫ 2013/09/02 10:11:02

現在晩婚化の影響で60を過ぎても子供が成人しておらず、大学の学費や一人暮らしのサポートをしてあげなければいけない世帯が非常に増えています。一方で学資保険の備えなどをしていない人がどんどん増えているのが現状。

 

定年後,子供,学費,大学

 

国立大学なら安いのでは?と思っていたら一人暮らしの出費が重なってやはり月に10万が消えてしまうというのは良くある悩みです。

 

年金は自分のために積み立てた最後の砦なので、そこを切り崩しつつ子供を学校に送るのは大変です。

 

まずは本人にもある程度家庭の事情をりかいしてもらい、育英会などの奨学金制度,ちいき奨学金などを複数集める努力をし、

 

 

なるべく経済的な負担を減らすとともに、学費減免措置がある大学なども視野に入れた学校選びをした方が良いと思います。

 

定年後,子供,学費,大学

 

確かに学歴社会の日本ですが、実際に有名大学でも学部や学科が合わないという理由で辞めてしまう人もたくさんいますし、やりたくないことを4年間やっても身に付くものは少ないです。

 

それよりも、大学卒業後の将来を見据え、しっかりと家族で話し合う必要があると思います。

 

続きを読む≫ 2013/07/23 07:10:23

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義