65歳定年制と仕事

65歳定年制と仕事について考える

定年,65歳,仕事

これまで日本では60歳でのリタイヤが一般的でした。しかし60歳という年齢はまだ若く、働く意欲があるうちに会社を退職するため、定年の年齢を引き上げようという動きが活発化しました。

 

そして2013年4月に高年齢者雇用安定法が施行され、希望すれば60歳を過ぎても働くことができるようになりました。

 

年齢は徐々に引き上げられ、65歳まで働けるようになります。法律の施行により雇用がどう変わるのか期待と不安を抱いている人もいます。

 

法律の具体的な中身は、今までの業務をそのまま続けられることを保証しているというわけではなく、60歳を過ぎても会社が提案する業務に携わることができるというものです。

 

ですから、フルタイムという枠にこだわらず、パートタイム的な形で雇用が継続されるケースもあります。またケースバイケースですが、関連企業に移行することもあり得ます。

 

雇用をするのは企業側の判断になるため、自分の希望通りの仕事ができるとは限らず、与えられる仕事を果たしていくことが必要になります。

 

ですから、雇用形態がどう変わるのかは一概にパターン化できるものではないということが分かります。

 

しかしながら60歳を過ぎても65歳までは働くことができるわけですから、再就職をする必要が無く、企業側も定年を早期に迎えて勤労意欲がある人材を企業側が雇い続けることで、

 

自社の業務を円滑に遂行できるというメリットがあり、雇用側、会社側双方にメリットがある制度と言えるでしょう。


65歳定年制になったら世の中はどうなる関連ページ

定年後に子供を育てる人が急増!
晩婚化の流れによって定年後も大学の学費を払い続けなければならない人が急増しています。学資保険の積立、年金引き伸ばし、教育ローンなどを今から検討する必要がありますね!
定年後に女性ができる仕事とは
定年後の女性ができる仕事とは?体力を使わず在宅でもできるものを紹介。趣味を活かして生け花講師,着付け指導,他にもマンション管理など、自分のスキルに応じて
老後まで貯蓄していない人へ。あなたは大丈夫?
40代に警告です!日経新聞では高齢者の家計がかなり苦しい状況になっていることが浮き彫りになっています。働く60代の貯蓄率は2000年代に入っておよそ半減しており、ますます老後に備えた生活防衛が必要になってきていますよ。
住み替えで老後資金を貯める方法
子育ても終わり余った部屋がもったいないのであれば住み替えによって老後に必要な資金を貯蓄することが可能です。
リタイヤ貧乏には要注意
定年後の退職金を使い込んでしまい、年金がもらえるまでに貧乏になってしまう「リタイヤ貧乏」が増えているようです。生活費の見直しと、生活習慣変更への準備が必要でしょう。
老後に俳優になる人が?
定年後の生き甲斐探しのために思い切って俳優になる人の例を紹介します。年齢なんて関係ない!今こそ好きなことにチャレンジしてみては?
ビザスクの口コミと評判!定年後に仕事のキャリアが活かせる?
今までのキャリアを活かして定年後に仕事ができるクラウドサービスが誕生!ビザスクの評判と口コミ。ビジネスモデルや今後の可能性について考えました

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義