駐車場監視員の仕事

体力が無くてもできる駐車場の監視バイト

定年,仕事,駐車場監視員

駐車禁止区画に駐車している車を取り締まるのが駐車場監視員の役割です

 

もともと警察官が行っていた業務ですが、道路交通法の改正とともに生まれた新たな仕事です。

 

業務は所轄警察署が割り当てられている駐車禁止監視区域を周り、放置車両を確認し確認標章の取り付けを行います。

 

その後警察署長に対して放置車両の状況報告を行います。

 

駐車違反を行った違反者に対する違反切符は警察官が交付することになっています。

 

駐車場監視員は18歳以上の成人であれば資格を取得することができると定められていますが、定年後の新たな仕事としてこの業務に付く人も少なくありません。

 

業務内容を見ても分かる通り業務遂行には高い使命感と強い責任感が求められるため、社会経験が豊富な定年後の方にとって最適な業務といえます。

 

やはり、注意されるなら同世代というよりも、年長者の意見を聞くという日本の風潮にあった仕事と言えるでしょう。

 

この業務に就くためには駐車監視員の資格を取得する必要がありますが、学歴や職歴は不問で駐車監視員資格者講習を受講し考査を受験し通過することで資格を取得することができます。

 

定年,仕事,駐車場監視員

 

また駐車監視員資格者講習修了者と同等の技能を持っている人は、認定審査を受け審査を通過すれば資格が取得できます。

 

講習期間は考査も含めて長くても3日間で終了することから、時間的な制約も少ないのが特徴ともなっています。

 

駐車監視員は民間業者に就職しますが、公務員とみなされ、一定の権利と責任が課せられます。

 

業務内容も過度な肉体労働がなく、適度に体を動かすことができるため、定年後の高齢者にも向いている職業です。


駐車場監視員の仕事は定年後に関連ページ

定年後もできる清掃スタッフ
パートやアルバイトでもできる短時間の仕事が清掃スタッフです。若者が避ける傾向もあり、定年後の仕事のなかでも需要が多く、決まりやすい求人案件と言えるでしょう。
需要の多い介護タクシーの仕事
介護タクシーの仕事はホームヘルパーの免許と自動車2種さえあれば手軽に始められます。やりがいと需要があり、これから伸びそうな仕事としてオススメですよ。
中国で退職後に稼ぐ人が急増中
実際に60以上65歳を超えても働く時代がやってきました!ここでは定年後にもできる仕事と、その無いようについて触れていきます。
陶芸教室を主催して稼ぐ
趣味を活かした仕事として定年後に陶芸教室を開くというのはどうでしょうか?いきなり大きく稼ぐのではなく、少しずつ作品を売ってみたり、そうでなくても場所を提供するという方法もありすよ。。
定年後にシニア旅行添乗員として働く
シニア添乗員を知っていますか?老後の楽しみと言えばなんといっても今まで取れなかった長い休みを使っての旅行です。そんな旅好きな人は趣味を仕事にして働くのもあり!
60の手習いで小説家に!高齢でもできる仕事はこれ
60歳から小説をめざし少しずつでも作品を貯めていけば、人生の最後に大作を書きあげられるかもしれません。のんびりとできる趣味の仕事として検討してはどうでしょうか?

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義