定年後に陶芸教室を開いて稼ぐ

定年後にはサークル感覚で陶芸教室を始めてみてはどうでしょうか?

定年後,仕事,探す

定年後の新たな仕事として陶芸教室を主催するという選択肢があります。

 

陶芸は高齢者だけでなく若い人たちの間でも一定の人気があり、このスキルを磨いておくことで仕事をリタイヤした後も趣味を活かした仕事ができます。

 

陶芸は趣味として行うことができるため、会社に勤務している現役時代であっても週末を利用して楽しむことができます。

 

土の選び方、こね方、ろくろの扱い方、釉薬の塗り方や焼き方などは経験を積む以外になれる方法がありません。

 

長い時間をかけて経験を積み、陶芸の腕を磨いていきます。

 

陶芸教室を主催することを夢見る人は少なくありません。趣味としての陶芸を沢山の生徒たちに教えていくのが主な仕事ですから、やりがいもあります。

 

定年後,仕事,探す

 

しかし教室を開くには窯を持つなどの必要が有るため、益子や信楽といった名産地に越さなければ無理だと考えるかもしれませんが、実際はその必要はありません

 

自宅の一部屋を工房としてリフォームするだけで教室を開くことができます

 

窯も電気釜であれば自宅の工房で焼き上げることができます。もし本格的に釜で焼き上げたいと思う場合にはその時だけ場所を借りる事で当座を凌ぐこともできます。

 

工房が完成したら生徒集めです。まずは友人関係から声をかけていき、口コミで生徒を集めていくのが良い方法です。

 

また地元の公民館などで募集をかけてサークルを結成することもできます。定年後も自宅にいながら長い期間にわたって仕事が出来るのも陶芸の面白さのひとつと言えます。


陶芸教室を主催して稼ぐ関連ページ

定年後もできる清掃スタッフ
パートやアルバイトでもできる短時間の仕事が清掃スタッフです。若者が避ける傾向もあり、定年後の仕事のなかでも需要が多く、決まりやすい求人案件と言えるでしょう。
駐車場監視員の仕事は定年後に
学歴不問でできるのが駐車場監視の仕事です。交通事故を減らし、社会貢献できる仕事として人気が出てきましたので、その内容と、資格取得の方法をお伝えしまます。
需要の多い介護タクシーの仕事
介護タクシーの仕事はホームヘルパーの免許と自動車2種さえあれば手軽に始められます。やりがいと需要があり、これから伸びそうな仕事としてオススメですよ。
中国で退職後に稼ぐ人が急増中
実際に60以上65歳を超えても働く時代がやってきました!ここでは定年後にもできる仕事と、その無いようについて触れていきます。
定年後にシニア旅行添乗員として働く
シニア添乗員を知っていますか?老後の楽しみと言えばなんといっても今まで取れなかった長い休みを使っての旅行です。そんな旅好きな人は趣味を仕事にして働くのもあり!
60の手習いで小説家に!高齢でもできる仕事はこれ
60歳から小説をめざし少しずつでも作品を貯めていけば、人生の最後に大作を書きあげられるかもしれません。のんびりとできる趣味の仕事として検討してはどうでしょうか?

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義