ウェイブライティングのスキル

ウェブライティングで大切なこと。

定年後,在宅,ライター

特別なスキルがなくてもパソコンで報酬のもらえる仕事の代名詞といわれているウェブライティング。

 

パソコンの専門的な知識は基本不要ですが、それでもコツというものがあり、そのコツを知らないと仕事に時間がかかったり、質の悪い記事になったり、作成したデータが採用されないということにもなりかねません。

 

効率的に仕事を勧めるためには、コツ…つまり記事の書き方を知る必要があります。

 

記事作成の多くは、ただタイトル、もしくはキーワードだけが与えられ、それに対して記事内容を考えることになります

 

そこで大切なことは、誰に対して発信する情報なのかを把握することです。

 

定年後,在宅,ライター

 

それは発注者に聞くのではなく、自分で発信者を決める。そうすることで、記事内容に統一感や、必要な情報がどれなのかをイメージすることができ、記事に一貫性を与えることができます

 

記事内容についてのコツは、その記事は多くの人に読んでもらえるような内容でなければならないこと。

 

日記風の記事なら別ですが、アフィリエイトに使用する記事の多くは、商品販売や情報発信に使用するものですので、最後まで読んでもらえない記事では意味がありません。

 

記事に対して全力を注ぐ部分の優先順位は、タイトル、記事の冒頭、前半の文章となります。

 

この優先順位を意識して作業に当たることで、発注者は作成された記事に対して高い満足感を感じ、その後の案件の紹介や報酬額などにも大きく影響するでしょう。結果的に仕事の質が上がり、報酬が上がるわけです。

 


ウェブライターに必要なスキルとは?

定年後,在宅,ライター

ウェブライターは多くのパソコンを活用した副業の中でも比較的月単位の報酬を多く稼ぐことができる仕事といわれています。また、専門的な知識がなくても作業に取り組むことができる点も魅力です。

 

ただし、なんのスキルもいらないのかといえば決してそうではありません。必要なスキルを身につけることで、結果的に報酬が高くなったり、短時間で仕事ができるようになったりします。

 

定年後,在宅,ライター

 

ライターが身につけるべき能力は、大きく二つあります。一つは専門的な知識を身につけるのではなく、その知識を探す能力を高めることです。

 

どのサイトに書かれている情報なら有用なのか、もしくは公式ページから記事にすべき情報を自分なりに解釈することで、表現が豊かであり、かつ信頼性の高い記事を作ることができます。

 

もちろん専門的な知識を持っていることはよいことですが、その記事ばかりを永遠と作成できるわけではありません。幅広い知識を持つことは難しいです。大切な能力はそれを調べることができる能力です。

 

定年後,在宅,ライター

 

ライターが身につけるべきもう一つの能力。それは生活の中で無理なく、コンスタントに仕事時間を確保することです。日々生活に追われているのはみなさん一緒。でも、毎日コツコツ記事を書かないとまとまった報酬をもらうことはできません。

 

本業の傍らで副業の時間を確保することは難しいですが、その能力がないと長続きしません。長く続かないと報酬も上がらないし、せっかく専門的なパソコン知識がなくてもできる有効な仕事を手放すことになります。

 


ウェブライティングで大切なこと。関連ページ

定年後に在宅ブログライターとして生きる道。
それまで人生で歩んできた道のりや知識や経験などを少しだけ世の中に残す仕事としてブログライターやウェブライターの仕事があります。自分の体験を書けば年金の足しにもなりますし素敵な仕事ですよ♪

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義