定年後の仕事と生きがい探し

 

定年後に暮らすことになる家をどうするか、家族でしっかりと考えておきたい計画です。今住んでいる家にそのまま住み続けることもできますが、高齢になると生活面で様々な不便が生じるようになります。

 

例えば2階建ての家であれば、階段の上り下りがやがては負担になってきます。エレベーターの無い団地やマンションにお住まいであれば階数が高ければ高いほど支障が出てきます。これらの点を考慮に入れて老後の住居探しをしていくことが大切です。

 

老後を快適に過ごすためのオススメの住居で考えておきたいポイントの1つは、交通の利便性の高い地域に住むことです。

 

地方都市であってもバスや他の公共交通機関が充実しているなら問題はないでしょう。

 

家の構造も選ぶ際には大切なポイントです。

 

オススメなのはバリアフリーの構造です。戸建て物件でもバリアフリータイプの家を注文できます。マンションであれば、車いすでも廊下を移動できるような広さの物件を探しましょう

定年後,仕事,探す,ネット,

 

もう1つ考えておきたいのが断熱です。高齢になると気温の大きな変化に対応しにくくなります。

 

今人気なのが外断熱の構造ですが、家屋内の温度変化を抑え、真夏や真冬でも快適に過ごすことができるのが魅力です。

 

予算の関係上新しい物件を購入することが難しい場合は、家のリフォームを行う際にバリアフリー化などの要素を考慮に入れるようにしましょう。
少しの投資で長年にわたって快適に住むことのできる家にすることができます。

 

続きを読む≫ 2013/09/11 09:27:11

定年後,持ち家なし,暮らし,住宅

持ち家を持っていない人が老後を迎えると、年金で生活を維持していかなければならず、年金の種類によっては生計を立てて行くことが非常に難しくなる場合が少なくありません。

 

厚生年金であればある程度の手厚い保証が得られることから、生活費を切り詰めることでアパートやマンションでの生活も可能ですが、国民年金となるとそうは行きません。

 

国民年金の場合、満額で一人あたり65,000円前後となっており、夫婦ふたりの世帯では13万円程度の収入になります。持家なしの人の場合、他の収入がなければ生活を維持するのは難しいのが現状です。

 

定年後に持家なしの生活を送るのに助けになるのが、公営住宅への入居です。

 

都道府県や市町村が運営する公営住宅は収入が少ない人のために用意している住居で、国民年金受給者であればほとんどの場合、入居資格を満たします。

 

定年後,持ち家なし,暮らし,住宅

 

家賃も民間に比べて格段に安く、出費を抑えることも可能です。また収入に応じて家賃を減額する制度を設けているケースも有り、低所得者を守る政策が取られています。

 

公営住宅を利用するなら、持ち家がなくても生活を維持することはできるでしょう。

 

若いうちは定年後の生活は現実とはかけ離れているため、想像することもそう無いかもしれませんが、人間は生きている以上必ず年老いていくため、将来に対する備えやビジョンを持つのは必要不可欠になっています。

 

 

 

年金は生命保険や預貯金とは比較にならない高利回りの制度だということも知っておくと、年金を収め、将来に対する貯蓄もしっかりとしておこうという気持ちになるはずです。

続きを読む≫ 2013/09/09 18:06:09

高齢者,扶養,条件

高齢者の孤独死がニュースになることが増えてきました。

 

中には周囲から全く気付かれずに数年が経過していたという事例もあり、地域社会がますます希薄化していることを裏付けています。

 

高齢化社会は現実になり、地域とのつながりがますます希薄になっていく中で、定年後の孤立をどう避ける事ができるか、その課題は社会に重くのしかかっています。

 

民間のシンクタンクの調査によれば、男性は女性よりも2倍の高い確率で孤独死すると言われています。

 

高齢者,扶養,条件

 

これは男性が社会との接点を築きにくいということを如実に表しています。

 

男性の場合、職場での人間関係はしっかりと構築できているものの、自宅に帰ると隣近所を始め社会との接点が希薄だというケースが少なくありません。

 

話題にしても仕事やゴルフ以外の会話についていくことができず、コミュニケーションスキルが著しく低いということも要因になっています。

 

そこで日頃から地域社会とのつながりを保つための努力を払うことで、定年後の孤立を避ける事ができます。

 

具体的な方法として、町内会の行事に参加することで横のつながりを築いていくことができます。草刈りや町内の清掃、交通安全運動への参加など様々なイベントに加わることも必要になります。

 

こうした機会を過ごしていくことで、やがて近所の人たちと顔見知りになり絆が生まれるようになるかもしれません。時の流れは私たちを待ってはくれません。自分から行動し、自分自身を守ることが今求められているのです。

続きを読む≫ 2013/09/07 09:11:07

独身者,老後,生活,準備

若者の結婚離れや晩婚化などが拍車をかけ、生涯独身で過ごす人の割合が2割に達するようになりました。独身者にとって心配になるのは老後の生活です。

 

結婚しているなら、配偶者や子どもたちが支えになってくれるという期待を持てますが、独身の場合そのようには行きません。できれば高齢になっても充実した生活を送りたいと願いますが、そのために今準備できることがあります。

 

その1つは老後のための貯蓄です。

 

日本では介護保険制度があるため、高齢になって介護が必要な状態になったとしても公的な福祉サービスを割安な価格で受けることができます。

 

しかし公的介護保険制度は現金給付ではなく、提供するサービスに対して支払われる現物支給です。このことを考えると、ある程度の貯蓄をしておくことが必要になります。

 

生命保険各社は公的介護保険制度の穴を埋めるための介護保険商品を販売しています。

 

生保を利用することで、将来の自分のために備えをすることができるのです。

 

もう1つは自分自身の身の振り方です。民間の老人ホームなどの入居する選択肢を選ぶなら、食事の世話を含め様々なサービスを受けることができるようになります。

 

しかし民間の老人ホームなどの施設に入居するには高額な費用がかかることから、万人が得られるサービスとは言いがたいのが実情です。

 

独身者であれば、こうした福祉施設の入居などを真っ先に考えることが必要になると言えます。高齢化社会は待ったをかけてくれない以上、自分の見は自分で守るという姿勢を貫くようにしましょう。

続きを読む≫ 2013/09/02 10:19:02

老後,一人暮らし

高齢者の単身世帯が増えています。日本人の平均寿命は80歳を越えていますが、当然のことながら誰でも80歳まで生きられるわけではありません。そのため途中で夫や妻に先立たれてしまうケースも少なくありません。

 

とくに女性は男性との平均寿命との間に約6歳の開きがあるため、老後の一人暮らしの生活の可能性が高くなります。もちろん、独身で通してきた人も多いでしょう。

 

では、老後の一人暮らしの生活はどのようなものなのでしょうか?

 

定年を迎えようとしている50代がもっとも心配しているのは「孤立した環境」でしょう。

 

ただでさえ仕事を辞めることで社会との接点を失ってしまううえ、パートナーもおらず一人で暮らさなければならないとなると話し相手にも苦労してしまう恐れがあります。

 

どのように暮らしているのか、というよりもどう暮らしたらいいのかを見たほうがよいでしょう。

 

よく見られるのはスクールやジムに通うケース。何かを学んだり、体を動かすことで心身の健康を維持し、生きがいを持った生活を送ることができます。

 

また、こうした場で人と接する機会を持つことができます。新しい仲間、現役時代には得られなかったプライベートな友人を作ることもできるでしょう。

 

また、自治体のイベントに参加して地元住民との交流を図ったり、同好の士を見つけている人も多く見られます。

 

結論から言えば、いかに「楽しむことができるか」が最大のテーマとなるでしょう。極端な話、家に一人でいるとホッとするくらいの充実した日々を送るようにしたいもの。

 

子供や孫と過ごす方法もありますが、あくまであまり相手に負担をかけない範囲で、基本は自分で楽しむ方法を見つけることが求められます。

続きを読む≫ 2013/06/24 14:18:24

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義