親を扶養に入れる条件

年々増える孤独死!孤立を防ぐのなら今から対策をたてましょう。

高齢者,扶養,条件

高齢者の孤独死がニュースになることが増えてきました。

 

中には周囲から全く気付かれずに数年が経過していたという事例もあり、地域社会がますます希薄化していることを裏付けています。

 

高齢化社会は現実になり、地域とのつながりがますます希薄になっていく中で、定年後の孤立をどう避ける事ができるか、その課題は社会に重くのしかかっています。

 

民間のシンクタンクの調査によれば、男性は女性よりも2倍の高い確率で孤独死すると言われています。

 

高齢者,扶養,条件

 

これは男性が社会との接点を築きにくいということを如実に表しています。

 

男性の場合、職場での人間関係はしっかりと構築できているものの、自宅に帰ると隣近所を始め社会との接点が希薄だというケースが少なくありません。

 

話題にしても仕事やゴルフ以外の会話についていくことができず、コミュニケーションスキルが著しく低いということも要因になっています。

 

そこで日頃から地域社会とのつながりを保つための努力を払うことで、定年後の孤立を避ける事ができます。

 

具体的な方法として、町内会の行事に参加することで横のつながりを築いていくことができます。草刈りや町内の清掃、交通安全運動への参加など様々なイベントに加わることも必要になります。

 

こうした機会を過ごしていくことで、やがて近所の人たちと顔見知りになり絆が生まれるようになるかもしれません。時の流れは私たちを待ってはくれません。自分から行動し、自分自身を守ることが今求められているのです。


高齢の親を扶養に入れる条件とは?

高齢者,扶養,条件

定年を迎えた親を自分の扶養家族として迎え入れようとする場合があります。

 

父親はすでに亡くなっており、母親に身寄りがない場合などです。子供として親の扶養を考えることで、親のこれまでの努力に報いたいと考えるのは、素晴らしいことです。

 

扶養にすることで、国民健康保険などの負担を軽減させることもできます。しかし現実問題として、扶養に迎え入れるためにはいくつかの条件をクリアする必要があります

 

まず健康保険についてですが、社会保険において定年を迎えた60歳以上の親族を扶養にすることができる場合、個人年収が180万円以下である必要があります

 

高齢者,扶養,条件

 

親が厚生年金を受け取っていて、年収がこの金額を上回る場合、扶養にすることはできません。

 

また扶養にできるのは74歳までで、75歳からは後期高齢者医療制度が適用されるため自動的に扶養からはずされます

 

ですから親を扶養にできるのは60歳から74歳までの14年間ということになります。

 

親の扶養を考えることのメリットは、扶養になる親が国民健康保険税を収める必要がなくなることです。そして税法上の扶養にすることもできます。

 

税法上の扶養とは年金を含む収入が158万円以下の場合にとれる措置で、扶養者の控除額が増えその分税金が安くなります。

 

しかし家族の同意を得ることも大切になります。親を扶養に入れることについて配偶者がどう思っているのかを知ることも大切です。

 

扶養のメリットをしっかりと強調し、理解を得るように努めることが必要になります。


親の扶養条件と孤立の問題関連ページ

老後の一人暮らし
老後の一人暮らし生活に関してです。60代,70代,そして80代まで視野に入れてこれからの生活と仕事を考えて見ましょう。現役時代と比べて老後の生活はどう変わっていくのでしょうか?
独身者の老後生活
独身でで老後を切り抜けるためには、事前の準備が必要です。介護保険,民間保険,老人ホームなど,準備することは多いです!動けるうちに行動してみましょう。
定年後に持ち家なしで暮らすには
現在アパートやマンションのローンに追われ、定年後に持ち家がない人はしっかりとした貯蓄計画を練らないと、不安がいつまでたっても消えません。公営住宅を早めに探し、手を打っておきましょう。
定年後の家さがしのコツ
定年後に新しい新居に引っ越そうという人に、老後を見据えた住宅探しで大切なポイントを紹介します。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義