定年後までに貯金をためるには

定年後の足りない貯蓄を補てんできる

定年,貯蓄,なし,足りない

定年後に安定した生活を送るためにはできるだけ貯蓄を用意しておくべき、とよく言われます。老後に必要となる生活費は総額で1億円程度というデータもあります。

 

それに対して60代の平均貯蓄額は約2200万円程度。年金などの収入もあるので一概にはいえませんが、大半の人は貯蓄が足りないことになります。

 

だからといって倹約ばかりを考えたり、お金の不安に晒された状態で老後の生活を送りたくないもの。せっかく旅行や食事などを楽しめる環境になったのに節約、また節約では息が詰まってしまいます。

 

それだけに、ためたお金を切り崩していくのではなく、お金を増やしながら生活を送る積極的な姿勢も求められます。収入の手段がなくなったからといってお金を増やす手段がなくなるわけではありません。

 

とくに現代社会は投資に関する規制緩和や税制上の優遇措置などが行われるようになり、積極的に資産運用が可能な時代になっています。

 

ではどのような方法があるのでしょうか。

 

とにかく増やしたいという人は株式投資やFXといった投資があります。

 

景気の動向に左右されるなどハイリスクハイリターンな面もありますが、うまく運用すれば効果的な資産運用の選択肢となります。

 

また、老後の大きな楽しみにもなるでしょう。

 

より安定した方法では投資信託があります。

 

自分で投資する商品を選ぶのではなく、ファンドに預けてプロに委託する形です。

 

銀行では貯蓄から自動的に引き落として投資信託に投資するプランを設けているところもあるのでうまく利用してみるとよいでしょう。

 

100パーセント貯蓄を増やせるとは保障できませんが、老後の暮らしをより充実したものにする手段として役立つはずです。


貯蓄が足りなくても大丈夫!関連ページ

貯金を切り崩す必要はない
定年前に貯金を切り崩すのは辞めましょう。預金が減るのは大きなストレスです。それよりも仕事と投資で資産を増やしていくという考えを優先した方が良いでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義