定年後,夫婦,離婚,関係

夫が仕事の定年を迎えた後、夫婦としてどのように互いに向き合っていくかが課題になります。それぞれ仕事や家事などで生活パターンは異なり、過ごしてきた場所が違っていたからです。

 

そのため、夫がリタイヤ後に長時間家にいるようになると、妻はそのことを強くストレスに感じ、いさかいに発展することもあり、それが熟年離婚の原因のひとつになるとも言われています。

 

しかし定年後の暮らし方を見つめなおすことで、いつまでも充実した生活をおくることができるようにもなります。

 

定年後も円満な夫婦生活を送っている人たちを調査したところ、暮らし方にあるコツが有ることがわかりました。そのコツとは個人を従事することです。

 

例えば夫は自分の趣味を楽しみ、妻はそのことに対して口出しをすることを控えます。同様に夫も妻の趣味や娯楽に口を挟むことなく、妻のすることを尊重します。

 

このように一人の時間をお互いに尊重することでいさかいを産むことなく円満な生活を送ることができているということです。

 

興味深いのは、女性のほうが1人の時間が欲しいという願いを強く抱いている点です。

 

夫は職場の延長として家庭を見るあまり、支配的な傾向を前面に表してしまう傾向がありますが、そこを抑えることも大切です。

 

親しき仲にも礼儀ありという言葉の通り、良きパートナーとして支えあうべき時は助け合い、それ以外の時は個を重んじることで、お互いのプライベートを楽しむことによりストレスを軽減させることができます。

続きを読む≫ 2013/09/05 13:56:05

定年,友達,増やす

現役時代は仕事一筋に生活を送ってきた人も多いでしょう。人づき合いといえば会社内と家族くらい、プライベートで会う友人はひとりもいなかった人も。
そんな人は定年後に一気に人間関係が希薄になってしまう恐れがあります。そのため外出する機会も、人と話す機会もめっきり少なくなり社会から孤立してしまうケースも。

 

しかし定年後はむしろ友達を増やすチャンスでもあります。

 

何しろ時間がたっぷりとあります。好きなことを楽しみながら生活を送ることができるのです。多くの人が退職後に時間を持て余しているといわれていますが、それでは勿体無いというものです。

 

とはいってもどうやって友達を増やせばいいのか、と反論する人もいるかもしれません。60を過ぎて新たな人間関係を築くのは難しいというのが一般的な意見です。確かにそういう面はあります。

 

しかしだからこそ積極的になりたいもの。逆に言えば時間を持て余し、人づき合いを求めている人がたくさんいるわけです。きっかけさえあればいくらでも新しい人間関係を築くことができるはずです。

 

ポイントとしてはやはり趣味を持つことでしょう。そして好きなジャンルに関わるイベントなどに積極的に参加すること。体を動かすのが好きな人ならスポーツクラブに入ってみてはいかがでしょうか。

 

平日でも同年代の人と多く出会えるでしょう。また音楽鑑賞が好きならコンサートに出かけたり、交流イベントに参加する方法もあります。こうした同好の士が集まる場所なら人づき合いのきっかけもつかめるはずです。

続きを読む≫ 2013/05/24 22:23:24

定年,独身,一人暮らし

定年後の一人暮らしの生活をいかに充実したものにするか。高齢化社会の重要なテーマといえます。

 

とくに女性にとっては大きなテーマとなるでしょう。

 

男性と女性の平均寿命の差は約6歳。夫婦の年齢差を考慮に入れても女性の方が長生きし、一人で暮らす可能性が高くなります

 

もちろん、男性にとってもこのテーマは重要です。

 

熟年結婚が増えたり、出会いの機会を提供するサービスが登場しているのもできるだけ孤独な環境を避けたいとの高齢者のニーズが背景にあるのでしょう。

 

ただ、新たなパートナーを見つけるのはそれほど簡単なことではありませんし、焦ってはうまくいきません

 

ですから、まず一人で楽しく、充実した暮らしを送れる生活環境を築くことを優先したいものです。

 

おひとり様向けのサービスが充実している時代です。

 

映画やコンサートなどもひとりで赴く人が多くなりました。その意味では独身の高齢者にとってはよい環境といえるでしょう。

 

ただし、何でも一人でエンジョイできればいい、というわけにはいきません。定年退職後は社会との接点が希薄になりがちですから、人とのつながりも大事にしたいところ。

 

たとえば町内会や地元のサークルに参加する、あるいは自分の好きな趣味に関連したイベントに積極的に参加する。

 

そうすることによって自分が孤立しておらず、社会の一員だと実感することができます。

 

またこうした機会をきっかけに新たな友人・知人を得ることもできるでしょう。

 

おひとり様は決して寂しく、不遇な環境ではありません。よい面を見て、できるだけ楽しめる自分なりのライフスタイルを見つけるようにしましょう。

続きを読む≫ 2013/05/24 22:15:24

定年後,人間関係,友達作り

高齢者の孤立した生活環境が大きな社会問題となっています。

 

痛ましい孤立死のニュースを見かける機会も多くなりました。

 

定年後にどのような人間関係を維持できるかが高齢者にとって重要なテーマともいえるのです。

 

とくに日本人の男性は仕事だけの人間関係に終始してしまうケースが多いといわれています。

 

定年退職した途端につきあいがなくなった、あるいは年賀状の数がめっきり減ってしまった、といった話もよく聞きます。

 

いざ定年退職した後に新しい人づき合いを築こうとしても実際のところ困難です。

 

それだけに仕事を通して社会と関わり、人との関わりも持ち続けることが求められます。

 

定年後も働き続けたいという人は多いでしょう。

 

それは単に生活費の不安だけではありません。むしろ生きがい、あるいは社会との関わりを持ち続けたいといった思いの方が強い傾向があります。

 

現役時代はとかく生活のため、家族のために働く意識が強かったもの。

 

しかし定年退職すると仕事とは社会との関わり、自分が社会に貢献しているのだといった満足感や充実感を得ることが重要だったことに気づくようになります

 

もちろん、プライベートの友人や同じ趣味を持つ同好の士もぜひとも欲しいもの。

 

しかしそれだけを探し続ける生活ではいつまで経っても孤立から抜け出せない可能性がありますし、人づき合いの機会がなかなか得られないことに孤立感や失望感などを抱きがちになります。

 

仕事を通じた関わりさえあればプライベートの友人探しにも心の余裕ができます。

 

こうした面も念頭に入れたうえで老後の暮らし、社会との関わりを考えてみるとよいのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2013/05/24 22:11:24

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホームへ 記事一覧 ネットで稼ぐ方法 無料の副業講義