豊かな定年を送るために!限定無料資料はコチラから

定年後の生活にはいくら必要?(単身編)

定年後の生活費は誰にとっても大きな悩みの種です。とくに単身者にとっては切実な問題となるでしょう。夫婦、あるいは子供世帯に比べて効率が悪くなる分、どうしてもお金がかかるようになります。

 

では実際に月々どの程度の出費が必要になるのでしょうか。

 

60歳以上の単身者の生活費の平均は約15〜20万円前後となっています。夫婦世帯が23万円程度ですから、やはり割高に感じる人が多いでしょう。ただ、夫婦世帯のこの数字は最低限の生活を送る上でのもので、実際には30万円程度は必要といわれています。

 

ではもう少し詳細を見ていきましょう。支出の中でもっとも多いのは食費で3万円強。全体の4分の1程度を占めます。この分野がもっとも節約が難しい点ともいえるでしょう。

 

毎日きちんと食べなければ健康を維持することができませんし、単身だと複数で作るよりも効率が悪く、費用が多くかかりがち。ついつい外食や冷凍食品などに頼ってしまうことも多くなり、出費がかさんでしまいます。

 

次に多いのが住居費。単身の場合、賃貸で生活するケースも多いため出費額が多くなる傾向が見られます。この辺は住宅環境によって大きな差が出やすいところです。

 

あと注意したいのが医療費。健康状態や年齢(70歳以上かどうか)によっても異なりますが、万一の時のことも考えると1万円くらいは見ておいた方がよいでしょう。

 

ほかにも交通・通信費、光熱費、衣服を購入する費用なども毎月必要になります。こうしたこまごまとした出費をしっかり把握したうえで生活していくことも求められるのです。

 

【総務省:単身世帯及び総世帯の家計収支より】