豊かな定年を送るために!限定無料資料はコチラから

不動産経営ってどんな仕事?

定年後,老後,不動産,内容,はじめ方

老後の資産運用の選択肢として注目を集めているのが不動産経営。とくにアパートやマンションといった賃貸物件の経営が注目されています。資産運用の選択肢としてだけでなく、定年退職後も働き続けたい、生きがいを持ちたいと願っている人にとっても重要な選択肢といえます。

 

簡単に言えば不動産を所有し、それを賃貸に出すことで収入を得る方法です。

 

アパートやマンションの場合、家賃収入という形で確実に収入が入ってくるわけですから、安定収入が期待できます。また、生涯続けられ、収入を得る手段として役立つほか、いずれは妻や子供たちに譲りわたす財産にもなってくれます。こうしたメリットが歓迎されているのです。

 

では具体的にどのような仕事が求められるのでしょうか。経営と聞くとさぞかし忙しく、難しいと思う人も多いでしょう。しかし実際の内容はそれほど大変なものではありません

 

実際の物件の管理は管理会社に委託することも多いので現役世代が働きながら経営を行うケースも見られます。

 

やることといえば管理会社の選択、経営状況、とくに空室状態のチェックと収支状況の確認くらいでしょうか。

 

空室が多いようなら家賃の見直しや宣伝、あるいは新たな設備投資などを検討することになります。

 

世間で言われているほど確実な利益が得られる資産運用とはいえないかもしれません。しかし高齢になってもでき、収入を得ることができる魅力的な選択肢であることは間違いないでしょう。

 

【オススメ】

 

定年後,老後,不動産,内容,はじめ方

定額35万円で住空間デザイン
自宅をリフォームして満室で貸し出すサービスがコチラ。資料請求は無料です。

 

 

定年後,老後,不動産,内容,はじめ方

マンション投資の資料一括請求!【無料】

 

 

定年後,老後,不動産,内容,はじめ方


石原博光の金利1.5%のありえない融資で利回り19%の満室経営をする方法「まずは、アパート一棟、買いなさい!」の著者である石原博光氏が本や雑誌、セミナーでは絶対に言えない2013年最新の不動産投資ノウハウを遂に公開!
セミナーなどに参加できない方は