豊かな定年を送るために!限定無料資料はコチラから

レンタル収納オーナーの仕事内容

レンタル収納オーナー,仕事,内容

空いた土地を有効活用し収入に結び付けるビジネスがレンタル収納オーナーです。

 

定年後の副業としても人気のあるこの仕事は、保有している土地の一部に、コンテナなどを使用した収納ボックスを設置し、利用者に貸与するのが主な仕事内容です。

 

ときおり街中でもこうした収納コンテナを見かけることもありますが、利用者は年々増え続けています

 

利用者の多くは、家が狭く収納スペースが限られているため、季節ものの物品を一時的に保管する場所として利用するケースや、転勤で一時的に土地を離れる場合にまた戻ってきたときに使用するための家具などを保管しておくといった利用方法もあります。

 

ちなみにレンタル収納オーナーになるには、自分で全てを設置し提供する方法がありますが多額の初期投資が必要なため万人向きではありません

 

他の方法として、レンタル収納ビジネスを展開している管理会社と契約を結ぶ方法があります。

 

これならコンテナの設置や場所の整備は全て管理会社が行うため初期投資をせずに済みます。

 

その後の管理、運営も全て管理会社が代行してくれるため、仕事内容についていえば、自分はほとんど動くことなく賃貸収入を得ることができます。

 

アパートやマンションを経営するほどの土地はなくてもレンタル収納を提供できるスペースがあればできるのがこの仕事。

 

空いた土地の有効活用になるだけでなく、副収入として活用できる仕事ですから、将来性もあり継続的に収入が得られるのも魅力です。