豊かな定年を送るために!限定無料資料はコチラから

飲食店やショップ経営を始めてみる

飲食店,ショップ経営

定年後に飲食店やショップ経営を始める人もいます。老後の生活の手段として、あるいは純粋に楽しみのために。自分の店を出すのが長年の夢だったという人も多いものです。

 

しかし、こうした店舗経営は思い立ったらすぐにできるわけではありません。お金の問題はもちろんのこと、準備すべきもの、必要なスキルなどが求められます。定年退職後に始めたい場合にはできるだけ早い段階から、少なくとも数年前から準備をしておく必要があります。

 

飲食店の場合に食品衛生責任者が必要です。開業時に保健所への届出が義務付けられています。なお、この資格を得るためには各都道府県で実施している講習会を受講する必要があります。

 

通常は1日で終わる講習ですから、取得にそれほど高いハードルがあるわけではありませんが、忘れずに取得しておくようにしましょう。

 

他にも消防署、警察署、税務署へ届け出る手続きも多々あります。書類の作成に関するスキルも求められるでしょう。

 

ショップ経営の場合は接客業のスキルが求められるほか、パソコンのスキルも最低限必要です。とくにネットショップの場合はサイトを作るためのHTMLやCSSのスキルが必須。

 

また意外なところでは商品を魅力的に見せる写真撮影のスキルも求められるでしょう。通販を行う場合には決済方法にあわせたシステムを用意することも必要です。

 

こうしたスキルは仕事内容と直結するだけにしっかりと準備しておくことが重要。いざはじめようという時になってあれができない、これができないといったことにならないようにしたいものです。

 

飲食店,ショップ経営