豊かな定年を送るために!限定無料資料はコチラから

ボランティアってどんな仕事?

定年後,ボランティア,オススメ,種類

定年後にボランティア活動を始める人も増えています。セカンドライフの選択肢として、生きがい探しの一環として行う人が多いのです。

 

現役時代はお金を稼ぐため、家族を養うために働いてきた人が、退職後は世の中の役に立つことで生きがいを見出し、喜びと充足感を味わう機会を得るわけです。

 

では定年後にできるボランティア活動にはどのような種類があるのでしょうか。高齢者にもできる、というよりも高齢者こそが求められる活動がたくさんあります。

 

その代表的なものが地域振興のための活動。村おこし、街づくり、あるいは観光ビジネスの振興のため。

 

たとえば観光案内やインストラクターなどの役割が求められています。語学力がある人なら通訳・翻訳の仕事に引っ張りだこになることでしょう。

 

また動物園や水族館など娯楽施設における案内役などの仕事もあります。こちらは子供と接する機会が多いので人気があります。

 

地域の人たちと直接触れ合う活動もあります。

 

図書館での読み聞かせなどのイベント、自治体が開催するイベント、さらには医療・福祉サービスに関わる活動などに高齢者が求められています。

 

利用者の案内だけでなく相談業務など、人生経験豊かな高齢者だからこそできる役割も期待されています。

 

他にも芸術・文化の振興、それを通じた社会教育に関わる活動もあります。

 

こちらも子供や若い世代と接することが多い活動だけにやりがいを感じることができるでしょう。

 

こうして大まかなところを見ただけでもさまざまな役割が求められていることがわかります。必要とされる喜びを味わってみてはいかがでしょうか。