豊かな定年を送るために!限定無料資料はコチラから

知らずにはすまされない病気のリスク

定年後,病気

定年後は時間のゆとりがある悠々自適な生活を送ることができます。その一方、年齢的な問題から健康面に注意することも必要です。この健康面の問題といえばもっぱら体力の衰えがもたらす病気や怪我に意識が向けられがち。しかしもうひとつ注意しなければならない点があります。それは心の病です。

 

じつは定年後にうつ病にかかるケースが増えているのです。何事に対しても無関心になり、何をやろうとしても気力がわかない。人と付き合うのが億劫になり、家に閉じこもりがちの生活になってしまう。それどころか家族とも接する機会が減ってしまう…そんな症状に見舞われる高齢者が増加しています。

 

どうしてそのようなことが起こるのでしょうか。理由はいろいろとあります。まず生きがいを失ってしまうこと。

 

仕事一筋に生きてきた人が仕事を失うと途端にやることがなくなり、自分が何のために生きているのかわからなくなってしまうのです。暇を持てあまし、時間を潰すような生活を続けていくうちに次第に無関心、無気力になっていきます。

 

それから社会から孤立。人間は「誰かから必要とされている」感覚が絶対に必要です。仕事をしている間は働くことでそれを得ることができました。

 

しかし退職後は社会との接点が失われ、人と関わる機会が少なくなることでこの感覚を味わいにくくなっているのです。ただでさえ健康面の問題などで人の世話になる機会が多くなり「自分は何の役に立っているのか、生きている意味があるのか」といった疑問にとらわれやすくなります。

 

うつ病にならないためには生きがいを探すこと、そして社会と接点を持ち続けることが大事です。心の病は本人だけでなく周囲の人たちにも辛い思いさせてしまうため注意したいところです。


dummy
老後にかかりやすいのは前立腺肥大
男性が老後にかかりやすい病気の代表格となっているのが前立腺肥大です。じつに60代の約60%に発症するといわれています。さらに70代になると約70%、80代になると約80%にも達します。ここまでくるといつか発症するもの、と考えた方がよいかもしれません。「代表格になっている」という表現をしましたが、この...
dummy
耳鳴りと難聴
60代になって耳の問題を抱えるケースがよく見られます。聴力が低下するのは体の衰えからある程度仕方がないものですが、それとは別に難聴や耳鳴りに悩まされることもあるのです。耳鳴りが悪化することによって難聴になることも多く、できるだけ早く対処することが求められます。なお、症状には大きく分けて2つの種類があ...
dummy
定年後はアルコールに気を付けて
定年後にはアルコール依存症にも注意したいところ。仕事がなく、毎日通勤する必要がなくなるため、心置きなくお酒を飲むことができると思っている人も多いでしょう。要注意です。また、これまでお酒が好きではなかった人にとってもひとごとではありません。やることがなくて暇を持て余している生活を送る、あるいは夜なかな...