豊かな定年を送るために!限定無料資料はコチラから

不動産をやっていきたいのであれば必須の資格

老後,定年後,宅建

宅建、正式には宅地建物取引責任者。知名度の高く、もっとも受験者が多く、目指す人が多い資格でもあります。

 

この宅地建物取引責任者とは簡単に言えば不動産売買に関して専門的な立場からアドバイスをしたり、公正な取引であるかを判断するといった役割を担う仕事です。

 

より具体的には取引の際、業者の相手方に重要事項説明書を交付し、適切な説明を行うこと、この重要事項説明書が公正なものであることを証明するために記名・押印すること、契約内容記載書類への記名、押印することなどが挙げられます。つ

 

まり、その取引が公正な条件の下で行われたことに対し責任を負う立場となるのです。

 

この宅建は老後の再就職に役立つことでも注目されています。現在の制度では不動産を取り扱う事務所において従業員5人に1人の割合でこの資格の保有者が在籍していることが義務付けられています。

 

「住む」は「食べる」と並んで生きていく上で重要かつ不可欠な要素。そのため不動産業がなくなることはありません。更に宅地建物取引責任者の需要もなくなることはなく、取得することさえできれば確実に生計の手段を得ることができるともいえるのです。

 

高齢がハードルにならない、とまではいいませんが、所持していれば確実に再就職に役立ってくれるでしょう。定年退職後に改めて勉強を始めても取得することは十分可能、新しいキャリアのきっかけを作ってくれるかもしません。取得そのものを老後の生きがい、やりがいにしてみるのもよいのではないでしょうか。