豊かな定年を送るために!限定無料資料はコチラから

やり切れる資格、役立つ資格を探してみましょう!!

定年後,資格,注意点

定年後の生きがい探しとして資格取得を目指している人も多いでしょう。具体的に取得したいものがある人だけでなく、これから何を目指そうか考えている人もいることと思います。

 

ただ、目指す場合にはいくつかの注意点があります。

 

現在、国内だけでも1000種類を越える選択肢があります。民間団体が認定しているものが非常に多く、似たようなジャンル、名称でも複数の選択肢が用意されているケースも珍しくありません

 

その膨大かつ複雑な選択肢の中から適切なものを選ばなければならないのです。

 

「適切なもの」とはまず「役立つ資格」のこと。

 

中には知名度が低く、取得してもほとんどメリットが得られないものもあります。同じジャンルの中でも知名度や難易度によって役立つものとあまり役立たないものの間で大きな差が生じることも少なくありません。

 

注意したいのは難易度とのバランス。

 

取得しやすいものほど役立たないことが多いため、選択の際にはどこまで勉強し、努力する気があるのかが問われます

 

また、取得さえすれば再就職に有利になる、あるいはすぐに仕事先を見つけることができるといった考えを持っている人も多いでしょう。しかしそれほど甘くはありません。

 

よほど難易度の高い、あるいは需要が多いものでもない限り生計を立てる手段にするのは難しいもの。

 

中には独立開業を目指している人もいると思いますが、現実はそれほど甘いものではないことも踏まえておきたいところです。

 

こうした注意点を踏まえたうえで本当に取得したいのか、自分にとって必要なのかを判断しましょう。取得した後の成果を求めず、取得そのものを生きがいとして考えるのもよい方法かも知れません。