豊かな定年を送るために!限定無料資料はコチラから

独立を考えているならまずこの資格を!

退職後,独立,資格,オススメ

定年後に独立開業したい、多くのサラリーマンが抱く希望(願望)です。サラリーマンとして「使われる」環境で過ごしたため、退職後は一国一城の主、自分の力で仕事を切り開いていきたいと思うのでしょう。

 

ただ、開業といってもそんな簡単にできるものではありません。ショップ経営が一番の近道でしょうが、いきなりはじめて成功する例はごくわずかです。

 

そんな独立開業に役立つのが資格。では具体的に役立つ資格を見ていきましょう。

 

ポイントはできるだけ取得に現実味があること。

 

弁護士や公認会計士は確かに開業に役立ちますが、取得が現実的ではありません。

 

退職後に勉強を始めても取得が可能なことが大前提となります。

 

代表格としては宅地建物取引主任者や中小企業診断士。

 

とくに後者は現役の間に取得する人が多く、注目を集めています。それから社会保険労務士。これらは社会の動向に関係なく安定した需要が確保されている点で大きなメリットがあります。

 

もっとも身近な仕事をやりたい、という人には調理師があります。

 

飲食店経営には必須といってもよいでしょう。

 

またあまり知られていないところではクリーニング師、はり師・きゅう師といった選択肢もあります。これらの選択肢なら取得の難易度もほどほどで店を持つ夢を実現できるでしょう。

 

やや難易度が高くなると弁理士や行政書士なども一覧に加えることができるでしょう。自分のこれまでのキャリアも踏まえたうえで取得しやすく、開業してやっていけそうなものを選ぶとよいのではないでしょうか。